「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

プロフィールC 大学生期:落研へ その2

今から振り返ると、とにかく落研中心の大学生活でした。
しかも入学しょっぱなから。
(両親には申し訳なかったなぁ…)

ここで、ちょびっと落語の説明^^

落語って、2つの種類に分かれるんですよ。
@古典落語(昔からある噺・設定が江戸や明治時代)
A新作落語(最近できた噺・設定が現代)

あ、落語って「話」ではなく「噺」という字を使います。

大学の落研がやるのは、ほとんどが古典落語。
なぜかというと、面白い新作落語を作れる学生は
いないから…それだけの理由(笑)

古典落語のネタ数って、3〜400くらい残っている
らしいです。
その中には、面白い噺もあれば全然面白くない
噺もあります(汗)


さて、落語に出会ったばかり。
BOXには、いろんなプロのカセットテープが置いてある。
(当時はカセットテープしかなかったんだよね)
とにかく、いろんな噺があって面白くて面白くて。
笑えなくても、「へぇ〜こんな内容の噺なんだ〜」ってね。

大学に講義を聞きに行ってるんじゃなくて、落語の
テープを聴きに行ってた感じでした(笑)
(かさねがさね両親には申し訳なかったです…)

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39485018
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム