「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

落語=集客=お店 そのA

春日井の【看板集客アドバイザー】笑天です。


新規のお客さんを、お店の名前だけで呼べるのは大規模の

お店だけなんです。


吉野家・ユニクロ・イオン・マクドナルド・・・


ね、その名前を見ただけで、そのお店がどんなお店かイメージ

できますよね。



でも、小規模の小売店・飲食店の場合、新規のお客さんになる人は

そのお店の情報は何もないんです。

(このブログは小規模のお店の経営者のために話してます。

それ以外のお店の方は読まなくてイイですよ^^)


あるのは、業種と名前だけの看板・・・これを見てお客さんは

店の中に入ってくるでしょうか?

どんなお店かも分からなかったら入りませんよね。



おいしいかどうかもわからないあなたのお店と、味は普通だけど

そこそこ満足出来る有名なチェーン店が並んであります。


さて、お客さんはどちらに入るでしょうか。

おそらく無難な方に入るでしょう。



業種と名前だけの看板では、意味がありません。

(名前だけの看板は論外ですが^^)

看板は、「ウチのお店は、こうゆうお店なんですよ〜!」と

アピールするものなんです。


お客さんは、そこでしか判断できないんですから。

ちゃんと使わなきゃ、もったいないですよ!


落語もお店も、まずは「つかみ」が大切・・・これさえ

できれば、その後の展開は楽なんだけどなぁ・・・(笑)




◎お客さんが集まる看板をつくりたいのなら

⇒ お問い合わせは、こちらから

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 落語と集客
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40086462
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム