「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

Bお客さんを集める看板にするには

これを読んでいる、ってコトは、あなたはお店の経営者ですよね^^

そしてお店を構えて経営をしているのなら、お店には当然看板があると思います。

経営者の人がお店に看板を設置する理由は、
「お客さんを集めたいから」

だってなければ『何屋さん』か分かんないですもんね^^

でも、お客さんを集めることができる看板って、あまり見かけません。
そうじゃない看板の方が、とても多い

理由は2つ。

@経営者がデザインだけにこだわるから。
 (看板でお客さんが増えるとは思っていないから)

Aもう一つは、作り手側も集客のことをほとんど考えていないから。
 (というよりも、方法を知らないから)

これでは残念ながら、良い結果になるハズがないですよね〜。


「ウチは看板はないけど、お客さんはたくさんくるよ〜」

な〜んて言ったあなたは、この先を読む必要は全くありません^^(キッパリッ!)

時間がもったいないので、このページを閉じちゃってくださいな。

え?あなたは違う?

「看板はあるんだけど、なかなかお客さんがこないんだよな〜」

そうそう!そこのそんなあなたにこそ、読んでもらいたいんです(笑)

看板はあるのに、なぜお客さんが来ないのか・・・

答えはカンタン、『お客さんを集めない看板』だからなんです。

ハイ、ではここで質問です。

『お客さんを集める看板』と『集めない看板』、どっちがイイですか?

・・・聞くまでもなく、もちろん前者ですよね^^
お客さんが増えて困るコトはないですもんね。


続いてもう一つ質問です。

『お客さんを集める看板』ってどんな看板でしょうか?

答えは・・・ひと言でいえば、お客さんのためになる看板です。

どうゆうことかっていうと、お客さんがそれを見て、

「へぇ〜、そーなんだ。ちょっと見てみようかな・・・」

って、興味を持ってもらえる内容になっている看板ってことなんです。

経営者が伝えたいことを、一方的に書いているだけじゃお客さんは見てくれません。

それにプラスして、お客さんのためになることや知りたがっていることを書くってことなんです。

⇒C「手作り」だから楽しめる


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47687822
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム