「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

必要なのは「伝える力」です


POPを使ってお客さんに「買おうかしら」と思ってもらうには、
『伝える力』
を身に付けることが必要です。

あるお茶屋さんでは犬を飼っている人向けに、
『犬のお茶あります 国内初』
と、愛犬の健康管理のための『犬のお茶』を販売しています。

12.02.22-1.jpg

犬を飼っていない人は、
「犬にお茶は必要ないでしょ」
と思って素通りします。

でも、犬を飼っている人はこれを見て、
「あら?なにかしら」
と思いますよね^^

愛犬の健康に気をつけている人なら、なおさらです。

そして近寄るとそのPOPの横には、詳しい説明が書かれたPOPがあるので、このお茶が愛犬の健康にどのように良いかがわかるようになってます。

POPは、あなたが商品を買ってほしいと思っている人に『伝える』ことが大切なのです。

きちんと『伝える』ことができれば、商品の良さを理解してもらえて購入してもらえますし、『伝える』ことができなければ素通りをしていきます。

あなたのお店の商品の良さは、POPでキチンと伝わっていますか^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:38 | TrackBack(0) | └ 小売店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54132361
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム