「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

割引をする理由を書いて購入率をアップ


通常価格が高い商品は、お客さんはなかなか手を出しにくいものです。

そんな時は、賞味期限が近づいている商品をまとめて割引価格で売ることで購入率を上げることができます。

そうすることによって、在庫を持たなくするだけでなく、今まで購入したことがないお客さんに買ってもらい、商品の良さを知ってもらう機会にもなるんですね^^

12.01.19-1.jpg

『賞味期限2012年◇月◇日につき、ワケあり特別価格で販売中!
名古屋コーチンごはんの素 日本三大地鶏・名古屋コーチンを使用した炊き込みご飯の素です。
通常価格 1箱735円⇒⇒⇒ワケあり特別価格 1箱420円・5箱1050円の大特価です。この機会にぜひご賞味ください!』

通常価格が高い商品を安く売る場合、お客さんはどうして安く売るのか、理由を知りたがります。

ですから、大切なのはなぜ安く売るのかという【理由】をちゃんと教えて納得した上で購入してもらう、ってことなんですね。

【理由】を書かずに、ただ値引きをすると価格競争にしかなりませんし、お客さんは「どうせ本当は、もともと安いんでしょ?」って、疑って考えがちです。

値引きをする時は、その【理由】を教えるとお客さんも納得して、

「お得な買い物をしたな〜^^」

と喜んでもらえますし、

「やっぱり高いものは美味しくて違うな〜」

って、商品の価値もわかってもらえます。

そして、それが次回購入につながるんですね^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:29 | TrackBack(0) | └ 小売店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55260019
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム