「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

言葉の使い方で売上をアップ!


看板やPOPって、言葉の使い方ひとつで、

「うわ〜、美味しそ〜!」

と、お客さんに、より感じてもらえることができます。

IMG_4736-2.jpg

『牛すじの5日間かけたカレー』

これを見たお客さんは、
「5日間使って作ったカレーなんだな」
ということはわかります。

でも、『5日間かけた』ことによってどうなるのかが、分かりにくいですよね。

「イヤイヤ、カレーは何日も火にかけると美味しくなるっていうのは当り前のことだよ」と店主は言うかもしれません。

たしかに、カレーは何日もかけて煮込むと美味しくなるということを知っている人もいるかもしれません。

でも、知らない人も当然いるのですから、誰にでも分かるように書くべきですよね。

たとえば、
『牛すじの5日間じ〜っくり煮込んだとろとろカレー』
とするとどうでしょうか。

ね!言葉をちょっと変えただけなのに、よりわかりやすくなって、さらに美味しさも伝わるようになりますよね^^

このように看板やPOPの言葉の使い方ひとつで、注文率が上がって売上も増やすことができるんです!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77581268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム