「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

わからない言葉は使わない


これは歩道に置いてある看板です。

131001.jpg

目的は、通行人に見てもらって来店をしてもらうことでしょう。

だとすると、一体どういったお店なのかを、もっと詳しく書くといいですね^^

この看板だと、「カフェがある」ということしかわかりません…。

カフェは、街にはたくさんありますので、「このお店に行こう!」という気にならなければわざわざ来店をすることはないでしょう。

「体にやさしい御飯」とは、もっと具体的にいうとどんなものなんでしょう?
自然素材にこだわっているのか、消化のよいものなのか・・・

食事のほかに、「雑貨」「フェアトレード」と書いてあります。

しかし一般の人は、「フェアトレード」って何のことだかわかりません。

このように、分からない言葉は使わない方がいいですね。

なぜなら、それだけで「私には関係ないお店」って、勝手に決めつけられてしまうからです(汗)

あと、この看板を見て電話をかける人はまずいないでしょう。だって、お店はスグ近くなんですからね。

ですから電話番号は必要ありませんので、その分、他の情報を書くことが出来ます^^

何を書けばいいのかわからない・・・そんな場合は↓↓↓↓↓

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:46 | TrackBack(0) | └ 飲食店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78242339
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム