「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

つい見てしまう看板とは


お店の前に置く看板は、それを見たお客さんをスグにそのまま入店させることができる唯一の販促物なんです^^

IMG_5195-1.jpg

この場合、残念なところは、せっかくラミネート加工をしてPOPを貼っているのに、テープがはがれてPOP自体が見えなくなっています。

でも、商品名と価格だけを書いていても、お客さんはあまり興味を持ってはくれません。

なぜならそれはメニュー表でしかないからなんですね。

さらにそのはがれたPOPが看板自体の文字もかくしてしまっています(汗)

スグに直す方がイイですね^^

次に書く内容です。

『焼きうどん』『たこ焼き』はどこでも売っていますので、お客さんはここで購入しなければいけない理由はありません。

「買おうかな♪」と思ってもらうには、どんな『焼きうどん』なのか、どんな『たこ焼き』なのか、を書くと注文率があがります。

たとえば、
「鰹節ではなく、『サバ節』を使用!ソースをよ〜く吸いこんでいて、さらにコシのある麺にこれでもかってくらい絡んでいて、コクを最大限に引き出しています。
ぜひ一度ご賞味ください! とっておきの焼うどん ¥650」
てな感じに^^

いくつも商品名を書くのではなく、『売りたいもの』を1〜2コに絞った方が、その商品の良さをもっと伝えることができます。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:43 | TrackBack(0) | └ 小売店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/78999004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム