「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

違和感で注目度アップ 〜小売・飲食店


お店の前のスタンド看板に、印刷されたポスターを貼っているお店をよく見かけます。
いわゆるメニュー表ですね。

IMG_4312-1.jpg

キレイに印刷されたポスターに、このようにちょっとPOPを貼り付けるだけで、お客さんの目をグッと引くことができます。

キレイな印刷物の上に手書きのPOPなので、違和感を感じるからなんです。

IMG_4311-1.jpg

デザートと言えば、『甘い』のが普通です。でも甘くない本格的な抹茶を使ったフロートを食べたい人もいます。

『本抹茶で甘くない 大人の抹茶フロート』
と貼っておくことによって、
「お、甘くないんだったら食べてみよう」
と購入をしていくんですね。

抹茶フロートが400円 
大人の抹茶フロートが650円

同じ抹茶フロートでも、いつもとは違う価値を付けると、値段が高くなっても買ってくれます。

それでは、今よりももっと売れるようにするにはどうすればいいでしょうか?

それは、もっとPOPを大きくすることです。その方がさらに目立って、より多くの人に気づいてもらえます。

看板は、見てもらってナンボですから^^


↓↓↓↓↓↓ 注目!

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:27 | TrackBack(0) | └ 小売店
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80041851
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム