「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

お客さんにはわかりません 〜針治療


店前に置くスタンド看板で、来店客を増やしたいと思っている店主にオススメの記事です。

店前のスタンド看板は、通行人が見て「入ってみよう^^」と興味を持ってもらうための販促物です。

IMG_5091-1.jpg

「精一杯、治療させていただきます」
「手技療法 針治療効果◎ お気軽にどうぞ!」

と言われても、お客さんからすれば

「手技療法…だから何?手技だから何がどのようにいいの?」
「針治療効果◎…どんな症状の人に効果があるの?私は受けたらいいのかどうかわかんない」

っていうように、知らない言葉を並べられてもわからないんです(汗)

店主からすれば、『こんなの専門用語じゃない!』と思うかもしれませんが、お客さんは全くの素人なので知識がありません。

十分、意味がわからない難しい専門用語になるんです。

お客さんが知りたいのは、専門用語なんかじゃないんです。

これは、どんな人に効果があるのか?
どうして手技療法だといいのか?
針治療って誰が受けると良い治療なのか?
これをすればどのように良くなるのか?

ということ。

お客さんが知りたい情報を書いてあげないと、興味を持ってはもらえません。

【今日の鉄則:出来る内容ではなく、得られる効果を書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 整体院・治療院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/96385332
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム