「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

お店の前の看板 〜郵便局にて


「店前にスタンド看板を置いているけど、あんまり効果がないんだよなぁ〜」と思っている店主にぜひ読んでいただきたい記事です。

IMG_5981-1.jpg

これは郵便局の前に置いてあった看板です。
昔は郵便局にはこのような看板は見たことがありませんでした。

看板を置くのはとても良いのですが、見てもらえなければ意味がありません。
問題は書く内容です。

IMG_5982-1.jpg

2種類の看板が置いてあります。

『新発売・はじめのかんぽ』の看板
どんな人が入ると良い保険なのか、どんな商品なのか、この保険に入るとどのような良いことがあるのか、が全く分かりません。

『265万円⇒300万円』の看板
まず、パッと見て意味が分かりません。隣の看板の商品と連動しているのか、それとも単独の内容なのかも素人には分かりません。

・誰が購入をすると良い商品なのか
・なぜこれを購入すると良いのか
などが書いてないと、ただのメニュー看板と同じになってしまいますので、お客さんの興味を引くことは出来ないでしょう。


【今日の鉄則:何を伝えたいのかを明確にして書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/97850553
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム