「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

客単価を増やすには 〜飲食店


飲食店で、今よりも客単価をアップさせたい店主にオススメの記事です。

お客さんはお店で注文をする時は、必ずメニューブックやPOPを見て注文をします。

そしてその中から、
「これも食べたいなぁ〜、こっちもイイなぁ〜・・・どれにしようかな〜」
と選ぶわけです。

しかし、食べられる量は決まっていますので、大抵はその中から1つのメニューを選んで注文をします。
つまり、客単価はそこで決まってしまうんですね。

でも本当は、いろいろな料理を食べたいのです。

そんな場合は、メニューブックと一緒に

IMG_3161-1.jpg

一品料理 Sサイズ 600円 
ご注文の際は「Sサイズ」とご指定下さい

と書いたPOPを渡しておくのです。

すると、
「Sサイズが出来るんだ…じゃあ、せっかくだから2種類注文しよう♪」
ってなります。

たとえば
「エビチリ 980円」
「回鍋肉  950円」
のどちらも食べたいと思っても、さすがに2種類は量が多いので食べられません。

しかし、
「エビチリ(S)600円」
「回鍋肉 (S)600円」
であれば、多少割高になっても注文をしてもらえるんですね。

複数の人数の場合なら、なおさらです。

多くの飲食店は、一品料理は普通サイズしか用意していません。
でも調理する材料は、普通サイズでもSサイズでも同じです。

ちょっと注文できる選択肢を増やしてあげるだけで、お客さんには喜ばれて、さらに客単価をアップすることができるんです。

【今日の鉄則:今のメニューで客単価はアップできる】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/98615241
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム