「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

来てほしいお客さんに向けて伝える 〜飲食店


焼肉屋の看板です。

IMG_4750-1.jpg

焼肉屋って、お店によって価格が大きく違います。

見た目だけでは、いったいどのくらいの価格かが分かりませんよね。

特に1階が駐車場で、店舗が2階になっていると店の中が見えないので、余計に入りにくいものです。

ところが、このように

「お一人様平均2200円 ほとんどのお肉が299〜399円」

とハッキリ看板に書いてあると、「じゃあ、入ろうか^^」と入店もしやすくなりますね。

このようにすれば、お店が『来てほしいと思っているお客さん』に来てもらいやすくなります。



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

こんなPOPの使い方 〜飲食店


IMG_3618-1.jpg

お好み焼き屋なのに、なんかテーブルの上がスッキリしてるなぁ〜と思ったら、調味料が何も置いていないんですね。

壁のPOPには、
 
『当店はお客様に少しでも広く、快適にテーブルの上を使って頂くために、ソースや調味料のセットを置いていません。』

と書いて貼ってあります。

あらかじめこのように書いておけば、常にテーブルの上に常備しておく必要はありませんので、「青のりないよ〜!」な〜んてことも起こりません。

その都度、お客さんが必要なものだけをお届けすればいいので、ムダも少なくなるんですね。

それにテーブルが広く使えるということは、それだけ料理の皿も多く載せることができるということですので、お客さんは注文をしやすくなります。

またその下には、

『ソースの販売もしております』

と書いてあります。

何も書いていなければ、食事代だけで帰ってしまうのですが、ひと言書いておくだけで、

「この焼そばソース、美味しかったから買っていこうか^^」

と、客単価アップにもつながるんですね。


販促物の使い方講座は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

こんなPOPの使い方で仕事の効率をアップ 〜飲食店


これも高速道路のサービスエリアのイートインコーナーで見かけたPOPです。

POPは、商品をより多く購入してもらうだけに使うものではありません。

IMG_4012-1.jpg

このような場所では、入れ替わり立ち代わりお客さんがテーブルに座って食事をします。

ですからテーブルが汚れているとお客さんが変わるたびに、
「テーブルを拭くフキンをください」
とスタッフは声をかけられて、そのつど仕事が止まってしまいます。

でも、このように『テーブル拭きです。どうぞご使用下さい』とPOPを貼っておけば、お客さんは自ら取りにきてくれます。

また『使用済みテーブル拭き こちらに投入してください』と片づける場所も書いておけば、お客さんは自然に片づけてくれるので、スタッフは料理に集中できるわけです。

また、横に荷物入れのカゴがおいてあるのですが、これではお客さんはあまり気がつかないでしょう。

ここにも
『お荷物入れです。ご自由にどうぞ』
とPOPを貼っておいた方が、お客さんが気がつきやすくなり、利用をしてくれます。

このカゴを使ってもらえれば、イスに荷物を置くお客さんが減りますので、お客さんの回転率も今よりもさらによくなります^^

その分、売上もアップします^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

たった1枚のPOPで、売上アップ 〜飲食店


高速道路のサービスエリアのイートインコーナーです。

ファストフードやお買い上げの商品をその場で食べることが出来ます。

その場で調理をしてくれるお店も同じで、ふつうはここで食べて行きます。

中には、「お持ち帰りができたらな〜」と思っている人もいるでしょうが、「ここの施設は、そういうもの(ここで食べて行くもの)」と思っています。

誰もが初めから、『お持ち帰りは出来ないもの』と決めつけているんですね(汗)

もし、お持ち帰りができるとしても、お店がお客さんに教えてあげないと、お客さんは知らないままなんです。

IMG_4310-1.jpg

「聞いてくれればいいのに・・・」とお店の人は考えるかもしれませんが、それをお客さんに求めるのはお店の勝手な考えです。

『お持ち帰りできます』

と、POPで知らせておくだけで、「時間がなくて急いでいるから、買って帰ろう!」という人にも購入してもらえます。

たった1枚のPOPで、今まで購入しなかった人が買ってくれるようになるので、売上が増えるのです!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

美味しさの伝え方 〜飲食店


商品名と価格だけを書くよりも、美味しさを伝えた方がお客さんの購買意欲を、さらにかき立てます^^

IMG_4027-1.jpg

『土日祝日限定 近江和牛串焼き オーダー頂いてからお焼きいたします 1本1000円』

『土日祝日限定』と書くことで、「今しか食べられない」という価値を感じますし、『オーダー頂いてからお焼きいたします』というのは、作り置きではなく、焼きたてということがわかります。

しかしこの看板には、「美味しそう^^」と思わせる言葉が書いてありません。

たとえば、
『ひと口食べると、近江和牛の肉の甘味が口の中でジュワ〜っと広がりますっ!!』
とPOPに書いて看板に貼っておくとどうでしょうか。

「うわ〜っ、美味しそう!買って行こうか!!」
な〜んて思えてきます^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

おしい看板例は、こちら 〜飲食店


IMG_4353-1.jpg

お店の前に置いて、通行人を呼び込むためのスタンド看板です。

今回は、中華料理店の看板でお話しますね^^

このお店には、2つの看板が置いてあります。

1つは、『本日のランチ』看板、もう1つは、『生ビールセット』のお知らせ看板です。

『本日のランチ』看板ですが、お客さんが知りたいことは、「内容と価格」です。

特にランチは会社員にとって毎日のことなので、「価格」はお店を選ぶ時ににとても気になる情報です。

残念ながら、この看板には価格が書いてありません(汗)

となると、かなりのお客さんを逃がしていることになるでしょう・・・

『生ビールセット』のお知らせ看板ですが、この看板でお店がお客さんに伝えたいことは、「生ビール一杯+料理一品で500円」ということですよね。

メニューが細かく一覧で書いてありますが、お客さんはそんな細かいところまでは見ませんし、逆に文字が小さくなった分、読みにくくなってしまっています。

この場合、「ワンコインセット 生ビール一杯+選べる料理一品 500円」と大きく書いた方が、通行人の目に止まりやすくなります^^

選べる料理の内容は、入店をして着席をしてから見てもらって決めてもらえばいいのです。

あと、お店の店名もこの看板に書く必要はありませんよね。

だってお店の目の前に置いてあるのですから、ここでは必要の無い情報ですからね。

その分、違う情報を書いた方が売上げアップにつながります!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:51 | TrackBack(0) | └ 飲食店

こ、これは・・・!!


こ、これは・・・!!

IMG_0167-1.jpg

「ランチやってます」

と、看板の下の空部分を利用して、ランチの宣伝をしています。

たしかに「ランチやってます」と書いてあります・・・消えかかった赤色の文字で(汗)

さすがに、これはちょっと・・・ですね(汗)

写真も貼ってあるのですが、色焼けしてしまっていて決して美味しそうには見えません・・・

こうなると、写真やPOPがかえって逆効果になってしまい、貼らない方がいい、ってコトもあります(汗)

お店側が考えなければいけないことがあります。

このお店の場合・・・来店するお客さんは、何を求めて来店するのでしょうか?

一番は「ランチを食べたい」からです。

でも決してお腹が満たされればなんでもイイってわけではありませんよね。

「どうせなら美味しい料理を食べたい」
「楽しく食事がしたい」
と、思っているはずです。

この看板では決して美味しそうには見えませんし、そもそも値段が全く分からないので、その時点でランチをするお店候補から外されてしまうことでしょう。

看板やPOPは、一度作ると毎日の忙しさにかまけて、「ずっとこのままでイイ」と勝手に店主は考えがちです。

ですから古くなっても「ま、イイか」とそのままにしちゃうんですね(汗)

でも看板やPOPは、つねにキレイな状態にしておくことは鉄則です^^

たったそれだけのことですが、案外できていないお店って数多くあるものです。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

手作り看板で売上アップ!


居酒屋の手作り看板です^^

IMG_5123-1.jpg

「看板って作ると高いんでしょ〜」
とよく聞かれます。

たしかに安くはないです、でもそれは看板業者に頼めばという条件付きのことです。

いいでしょうか?ここが重要です。

看板業者に頼めば、もちろん安くても数万円はするでしょう。
そして、内容を作り変えるたびに数万円が必要になります。
(もちろん看板本体代は1回目だけ必要です)

でも、看板本体だけ手に入れて自分で作りかえれば、メッチャクチャおどろくほど安く作ることができるんです。

この看板の良いところは、料理の名前を書くだけでなく、写真も一緒に貼ってあることです^^

文字だけよりも、見た目で美味しそうに感じます。

作り方はカンタンです^^
@看板に書く料理を決める
Aデジカメで料理の写真を撮る
Bプリンターで印刷する
C印刷した紙をラミネーター加工する
D看板に貼り付ける

たったこれだけなので、言ってしまえば手間だけです。

あなたのお店でもぜひチャレンジしてみてください!


手作り看板の作り方がわからない・・・という方は、こちら ↓↓↓↓

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:03 | TrackBack(0) | └ 飲食店

さらに予約の数を増やすには


このPOPの目的は、おせち料理の予約ですね。

oseti.jpg

昨年の申し込み人数を書くことによって、
「ウチも今年は買ってみようかしら」
という気になりやすくなります。

予約の早割特典があるのなら、なおさらですよね。

では、これをさらに良くする方法をお話します^^

お店としては、予約をしようと思った人に、どういう行動をとってもらいたいのでしょうか?

店内で受付をしてほしいのなら、
「ご予約は、店内の予約担当:タナカまで、お気軽にお声かけくださいね^^」

電話で受付をしてほしいのなら、
「ご予約は、お電話でどうぞ。○○○−○○○○(おせち担当:タナカまで)」

など、予約をするにはどうすればいいかを丁寧に書いておくと、お客さんはさらに予約をしやすくなりますよ。

担当のタナカさんのニッコリ笑った笑顔の写真を載せておくと、さらにイイですね!

看板やPOPで今よりも売上を増やしたい人はこちらへどうぞ ↓↓↓


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:48 | TrackBack(0) | └ 飲食店

わからない言葉は使わない


これは歩道に置いてある看板です。

131001.jpg

目的は、通行人に見てもらって来店をしてもらうことでしょう。

だとすると、一体どういったお店なのかを、もっと詳しく書くといいですね^^

この看板だと、「カフェがある」ということしかわかりません…。

カフェは、街にはたくさんありますので、「このお店に行こう!」という気にならなければわざわざ来店をすることはないでしょう。

「体にやさしい御飯」とは、もっと具体的にいうとどんなものなんでしょう?
自然素材にこだわっているのか、消化のよいものなのか・・・

食事のほかに、「雑貨」「フェアトレード」と書いてあります。

しかし一般の人は、「フェアトレード」って何のことだかわかりません。

このように、分からない言葉は使わない方がいいですね。

なぜなら、それだけで「私には関係ないお店」って、勝手に決めつけられてしまうからです(汗)

あと、この看板を見て電話をかける人はまずいないでしょう。だって、お店はスグ近くなんですからね。

ですから電話番号は必要ありませんので、その分、他の情報を書くことが出来ます^^

何を書けばいいのかわからない・・・そんな場合は↓↓↓↓↓

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:46 | TrackBack(0) | └ 飲食店

人は見た目で判断します


人は、何に対しても「見た目の第一印象」で判断をしがちです。

お店の場合、最初に目にするのは店前のスタンド看板です。

どんなに美味しい料理を提供していたとしても、実際に食べるまではその美味しさはわかりませんよね。

ですから看板は常にキレイにしておくべきです。

IMG_4971-1.jpg

特に、毎日書き替える場合は、徐々に汚くなっていきますので注意が必要です。

中途半端に拭いたあとに書いても、美味しそうには見えませんよね(汗)

たったこれだけのことですが、本当は入店したかもしれないお客さんを毎日逃がしているかもしれません・・・

あなたのお店の前の看板はキレイになっていますか?




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:14 | TrackBack(0) | └ 飲食店

言葉の使い方で売上をアップ!


看板やPOPって、言葉の使い方ひとつで、

「うわ〜、美味しそ〜!」

と、お客さんに、より感じてもらえることができます。

IMG_4736-2.jpg

『牛すじの5日間かけたカレー』

これを見たお客さんは、
「5日間使って作ったカレーなんだな」
ということはわかります。

でも、『5日間かけた』ことによってどうなるのかが、分かりにくいですよね。

「イヤイヤ、カレーは何日も火にかけると美味しくなるっていうのは当り前のことだよ」と店主は言うかもしれません。

たしかに、カレーは何日もかけて煮込むと美味しくなるということを知っている人もいるかもしれません。

でも、知らない人も当然いるのですから、誰にでも分かるように書くべきですよね。

たとえば、
『牛すじの5日間じ〜っくり煮込んだとろとろカレー』
とするとどうでしょうか。

ね!言葉をちょっと変えただけなのに、よりわかりやすくなって、さらに美味しさも伝わるようになりますよね^^

このように看板やPOPの言葉の使い方ひとつで、注文率が上がって売上も増やすことができるんです!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店

わからなければ、ただの置物に・・・


ランチの呼び込み看板です。

お店が2Fにありますので、階段前にこんな看板が置いてランチのアピールをしています。

IMG_3693-1.jpg

<よい所>
・看板自体はよく見える場所に置いてある
・文字が見やすい

<残念なところ>
・お客さんに何を伝えたいのかが、よくわからない


残念ながらこの看板は、あまりお客さんを呼び込めないでしょう(汗)

なぜなら、
『なにを言いたいかがよくわからない』
からです。

ひょっとして、定食類・麺類・全メニューに、
・日替わりおかず
・サラダバー
・黒ウーロン茶
・コーヒー
が、お代わり自由で付いているってことでしょうか?

まさか?!
だとしたら、かなり驚きのサービスですよね(笑)


ってコトは、『本日の日替り』っていうのが、『日替わりおかず』のこと?

それが、「ソース焼きそば」なんですかね。

お店の人は自分がやっているので分かっているのでしょうけど、お客さんが考えないといけないような看板は、基本的に読んではもらえません。

第一、値段も書いていないからいくらなのかもわからないですよね。

わざわざ2Fまであがって入店してもらうことは、かなり難しいでしょうね^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店

お店の特徴は伝えるべき


居酒屋さんです。

11.04.26.jpg

外からは、店内の様子は見ることができない店作りに
なっています。

ですから、個室があるかどうかも書いてなければ
全くわかりません。

たまたまここに入ったのですが、休日ということもあって
個室は全て、予約で満席でした。

こうやって書いておけば、
少人数で個室を使用したい
と思っている人は利用します^^

お店の情報は、発信しないとお客さんには
伝わりません。

どんどん発信しましょう!

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

2Fのお店への誘導するには 〜和食

new2.gif

お店が建物の2Fにあったり、通りから奥まっている場合は、店前看板で誘導すると入店率がアップします。
2F-1.jpg

こうやって『2Fへどうぞ^^』と表示すると、お客さんはひと目見るだけで、お店の存在を認識できます。

2F-2.jpg

そして、店の方を見ると、奥まっているお店へと誘導する看板があります^^
2F-3.jpg

これだけ案内看板があれば、お客さんも安心できます。

お客さんは、少しでも不安を感じたら奥まで入って行くことをやめてしまいます(汗)

2F-4.jpg


出来るだけ分かりやすく誘導すると、お客さんは入店しやすくなります^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:12 | TrackBack(0) | └ 飲食店

A型看板にメニュー一覧はいりません


こんなA型看板がありました^^

12.05.13.jpg

同じくらいの大きさの文字で、ズラ〜っと
書いてあるから、パッと見だとどれがオススメなのか、
よくわかんない・・・

おそらくジ〜ッと見る人はいないでしょうね。

メニューと価格ばかり書いても、ほとんどの人が読みません(汗)

おそらく一番のオススメは、

「近江牛巻きおにぎり ¥400」

なんでしょうね。(理由は、一番上に書いてあるから^^)

もしそうなら、「近江牛巻きおにぎり」の写真を貼って、
でっかく書いておくべきですね!

その商品の写真があると、

「わぁ〜、おいしそ〜♪」

って購入する人が増えて、その方がたくさん売れますよ^^

その結果、他のメニューが書くことができなくなったとしても、
イイんです。

大切なのは、どんな商品なのかを知ってもらうコト!

これでは、商品名しかわかんないですよね(笑)

・通行人がパッと目につく、
・「おや?」っと興味を持つ、
これが基本です。

それだけで、売り上げが伸びますよ^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:39 | TrackBack(0) | └ 飲食店

ひと目でわかるお店の『ウリ』


北陸・金沢で見かけたお店の看板です。

11.07.13yonezawa.jpg

と〜っても、分かりやすいですね!

このお店は、『米沢牛1頭買い』をしているから

『米沢牛が安く食べられる』

ことをウリとしています。


でも、決して高級店ではありませんので、カラフルな3色の回転灯で目立たせようとしているんですね。

これが高級店だったら、イメージが悪くなりかねませんが

『安さ』=『とにかく目立たせる』=『3色の回転灯』

となってるんですね!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:32 | TrackBack(0) | └ 飲食店

どんな商品かを書くと売上アップ! 〜カフェ・喫茶店G


宇治抹茶シュークリームの看板です。

11.08.05-2.jpg

『おいシューございます 』

ダジャレで目を引く面白い看板です^^

ただその下に書いてある、

『1個250円  4個1000円』

・・・って、何個買っても単価はおんなじじゃん(笑)

ちょっとでもお徳感があったら、4個入りを買う理由になるけど・・・お得にならないのに、わざわざ書く意味ってあるのかな。

それよりも、抹茶味が好きな人にアピールした方がイイですね。

『ほど良い苦味の絶品クリームが魅力!』
『厳選された玉露抹茶を使用した濃厚抹茶』

な〜んて書いておくと、抹茶味が好きなお客さんが見て、「おっ!?」って気になって購入しますよ^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:50 | TrackBack(0) | └ 飲食店

反応が出やすい店前看板の向きとは


店前看板を設置する場合、通行人に一番見やすい角度に設置することが大切です。

看板の一番最初の役割は、『お店の存在を知ってもらう』ってコトです。

それには、なるべく多くの人にお店の看板を見てもらわなければいけません。

通行人から一番看板が見やすい角度・・・それは、お店に対して垂直(90度)なんですね。

お店に平行に設置すると、お店の目の前に来て立ち止まった時にしか見ることができません。

11.11.07-1.jpg

でも、お店に対して垂直(90度)に置けば、お店から離れた位置からでも看板を見つけることができます。

11.11.07-2.jpg

看板の一番の目的は、お客さんに見つけてもらうってことなんですね。

あなたのお店の看板は、お客さんに見つけやすく設置してありますか?


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:25 | TrackBack(0) | └ 飲食店

イーゼル看板は美味しさを伝えるもの


春の新作ケーキのイーゼル看板ですね♪

12.02.16-1.jpg

ショーケースの前に置いてあるのですが、
「フルーツタルト ドリンクset ¥850」
「オランジェ ドリンクset ¥770」
「ショコラフランボワーズ ドリンクset ¥800」
と、商品名を書かれてもどんなケーキなのか想像がつきません。

ショーケースを見れば、そのケーキ自体はわかりますが、どんな特徴があってどんなことにこだわって作っているのか・・・ってことを書くと、お客さんはより興味を持ちます。

たとえば、
「フルーツタルト ドリンクset ¥850 特製のカスタードクリームに旬のイチゴ・メロン・キウイ・グレープフルーツ・バナナがた〜っぷり乗ったフルーツの宝石箱です♪」
な〜んて書いてあれば、もっと美味しそうに感じるので注文率も上がります^^

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 01:25 | TrackBack(0) | └ 飲食店

POPを使って単価アップ 〜洋食店の場合


洋食店のテーブルに置いてあった写真付きのPOPです。

12.02.06-1.jpg

なにも書いていなければ、この写真を見て
『アボカドハンバーグ定食 1150円』
を注文します。

しかし、
『松阪牛のアボカドハンバーグもできます』
と、ひと言書いておくだけで、
「せっかくだから、松阪牛にしよう♪」
と注文する人もいます^^

たったそれだけで、注文単価が350円アップするんですね。

お客さんは『松阪牛のアボカドハンバーグ』に変更できることは、書いていなければわかりません。

お店で出来るサービスは、POPに書いて教えてあげると売上が増えますよ^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:08 | TrackBack(0) | └ 飲食店

2番目においしいお店とは 〜うどん


観光地などに行くと、よく
『○○○(商品名)が△△△(地名)で二番目においしい店です』
と書いてあるお店があります。

12.02.04-1.jpg

「そんなに美味しいんだったら食べてみようか」
って思う人もいるかと思います。

でもどうせなら、『二番目においしい』とお店の人が思っている理由も書いておくと、さらに入店率が上がります^^

だって、「なんで2番目なの?そうやって書けば目を引くから書いているだけじゃないの?」な〜んて思う人がいなくなりますもんね!



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:07 | TrackBack(0) | └ 飲食店

入口の看板にメニュー一覧は必要か? 〜居酒屋B


看板は、お客さんをお店の中に引き入れるためにあります。

これは居酒屋さんの入口にある看板です。

2012.02.02-5.jpg

入口に看板を設置するのはと〜ってもイイですが、その目的がしっかりしていないとあまり効果はありません。

おそらくお店側からすれば、この看板を設置することによって
「ウチのお店はこ〜んなにメニューが豊富で、値段も安いんですよ〜。」
ってコトが言いたいんでしょう。

しかし、はたしてお客さんはこの看板を見てお店に入店するキッカケになるでしょうか。

どこのお店もそんなにメニューって変わりませんよね^^

基本的にお客さんは、お店の中のテーブルに着いてから、どんなメニューを注文しようか考えます。

よっぽど『このお店でしか食べられない!』というメニューでない限り、どれだけ入口の看板に羅列をしても読んではくれません。

それよりもそのお店で食べてほしいメニューを書いたほうが、お客さんに伝わります。

『冬期限定!居酒屋「○○○」特製キムチ鍋! 自家製の特製キムチを使用しており、ひと口食べると体の芯からホッカホカになる寒いこの時期にピッタリな鍋です。一人前から注文OK!手作りキムチを使用するため、一日限定10食とさせていただきます。お早めにどうぞ^^』

な〜んて書いておけば、
「美味しそう♪」
と入店するキッカケになりますよ^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 15:21 | TrackBack(0) | └ 飲食店

お客さんとのコミュニケーション

とある着物屋さんですが、店内にこんなPOPが・・・

IMG_1266.jpg

「お客様が値段を決める なんぼにしましょ?コーナー」

IMG_1265.jpg

おもしろい企画です。

「どんだけ値切ってもイイですよ!どんどん値切ってくださいね!」

ってコトみたいです(笑)

この企画で、お店とお客さんとの距離が縮まります。

ただ・・・よ〜く見ると、なんか違和感が・・・

『HOW match』・・・
  ・
  ・
  ・
『HOW match』・・・
  ・
  ・
  ・
あれ?スペルが違う?!

正しくは『HOW much』ですが、こういった間違いだって、お客さんとのコミュニケーションに使えます^^

お客さんがこれを見て、

「店長〜、スペルが間違ってるよ〜(笑)」

な〜んてね。

このお店は商売を楽しんでいますね。

これこそが、笑売繁盛店ですね^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

おいしそうな写真を貼ろう!

街を歩いていると、A型看板やイーゼル看板などに、手作りで写真を貼っているものチョクチョクを見かけます。

商品が写真で貼ってあると、一目で分かりますのでお客さんにとってはとても親切です^^

しかし、難しいのは食品などの場合ですね。

なぜかと言うと、貼ってあるその写真が美味しそうに見えなければ、かえって逆効果になってしまうことがあるからです。

11.02.11-1pan.jpg

ここのお店の看板は、写真が貼ってあってイイのですが、残念ながらあまり目にとまらないように見えました。

なぜでしょうか・・・

当然作った人は、一生懸命作っていますから、

「美味しそうでしょ!お客さん、見て、見て!」

って思っていますよね。

しかし果たしてその看板は、お客さん目線になっているでしょうか。

「う〜ん・・・そのつもりなんだけど・・・」

わからない時は、お店のスタッフや仲のいい常連さんに聞いてみてくださいね。

本当にこの写真は美味しそうに見えるかどうか・・・。

残念ながら写真があまり美味しそうに見えませんでした・・・。

なんでもかんでも写真を貼ればイイってものじゃないんですよね。

美味しそうに見えない写真は、貼らない方がイイです^^

そして次に、写真の貼り方ですが、せっかく写真を貼るのならもっと大きくして、看板からハミ出して貼ったほうが、インパクトがありますよね!

この小さい四角の看板をそのまま置いていても、あまり目につきません・・・

ある意味、風景となってしまうのです。

四角からわざとハミ出して貼ることによって、見る人は違和感を感じるんですね。

「あれ?何だろう?」って。

だから目にとまる。

看板は、見てもらわなくては意味がありません。

見てもらえない看板は、置いてないのと同じです。

見てもらうためには、目立たせることが大切です。




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

案外イメージで決めつけちゃうものですよね

以前に来た時には、この看板だけが置いてありました。

11.05.15.jpg

お店は、この路地を入ったところらしく、ここからでは見ることが出来ません。

この看板だけで判断すると、けっして安くはない「とうふ料理」のお店に感じます。

この看板しか判断材料がないので、気になっていたとしても路地を入ってお店まで行こうとはなかなかしないでしょう。

そして、今回この前を通ったら・・・

11.05.15-1.jpg

新しい看板が置いてありました。

これを見れば、どんな料理があってどのくらいの値段なのかも、看板に書いてあるので分かります。

思っていたほど、高くはありませんでした^^

お客さんは、見た目で決め付けてしまいますので、ちゃんと必要なことは知らせましょう。

わざわざお客さんを逃がすことはないのですからね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

伝えたいことを書く 〜カフェ・喫茶F

喫茶店でのPOPです。

11.04.06ko-hi-.jpg

「ハチミツ入りのカフェオーレに、生クリームをのせた甘ぁいコーヒー ○○コーヒーの中で一番甘いコーヒーです」

と書いてあれば、

「コーヒーって、にがいから苦手なのよねー。 もう少し甘いコーヒーがあったらいいのに・・・」


な〜んて、にがいコーヒーが苦手なお客さんでも注文しやすくなります^^

これがただ普通に、

「ジュニア・ウィンナー ○○○円」

とだけ書かれていても、どんなコーヒーなのか想像もできないためにお客さんは注文しないでしょう。

どんなお客さんに伝えたいのか、を考えると売上が伸びます^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:54 | TrackBack(0) | └ 飲食店

POPで客単価を上げるには 〜喫茶店の場合

喫茶店のモーニングのPOPです。

morning.jpg

ここのお店はモーニングセットはあるのですが、これは別メニューですね。

ここのモーニングセットは、飲み物にトーストとゆでたまご付。


これを見ると、
「せっかくだから身体のために野菜をとろうかな」
って思います^^

こうやって書いておくだけで、購入点数が増えて売上げがアップします。

「どうせ、書いても・・・」

なんて考える前に、書いてみる。やってみる。

実践しなければ、何も変わりません。




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

「全力」なんですね^^

うどん屋さんです。

11.02.14udon1.jpg

一生懸命に作業をしているんでしょうね。

やる気が伝わってきます(笑)

11.02.14udon-.jpg

コシが強そうですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | └ 飲食店

あらかじめ断っておくと、不満になりません

1人で経営をしているお店の場合、混雑時には料理の提供時間が長くかかってしまいます。

そんな時には、あらかじめ店の入口に書いておくと良いですね^^

12.01.25-1.jpg

『御来店の御客様へ  当店はオーダーを受けてから調理を開始する為、特に混雑時はお待たせいたしますが何とぞ御理解の程、お願い申しあげます 店主』

そうしておけば急いでいるお客さんは、入口の看板を見て
「じゃあ、また今度にしよう」
と、初めから入ってきませんので、料理の提供が遅くなっても不満にはなりません。

逆に、料理が出てくるまでの期待感が高まってワクワク待ってもらえます^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:36 | TrackBack(0) | └ 飲食店

欠点をプラスに変える喫茶店 〜カフェ・喫茶E

京都・嵐山で見かけた喫茶店の看板です。

ここは、お店が2Fにあることを『強み』にしています。

普通は2Fにある喫茶店には、階段をのぼるのが面倒なのでなかなか上がって来てくれません。

これはどこにでもよくあるメーカー名が入った看板ですが、

arasiyama2.jpg

『渡月橋が一望できます!!』

たったこれだけを付け加えて書いておくだけで、2Fにあるという不利な立地条件を『ウリ』にしているんですね。これを見た人は、「キレイな景色が見えるんだって!2Fのお店に行こうよ♪」ってなります^^

もしこれが書いてなければ、おそらく1Fにあるお店に入ることでしょう。

欠点を逆にプラスに使えば、お客さんは入店してきますよ^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:32 | TrackBack(0) | └ 飲食店

個室がある居酒屋 〜居酒屋A

居酒屋さんです。

このお店は外からは、店内の様子は見ることができない店作りになっています。

ですから、個室があるのかどうかも、看板に書いてなければ全くわかりません。

看板.jpg

たまたまここに入ったのですが、休日ということもあって個室は全て予約で満席でした。

でもこうやって書いておけば、少人数で個室を使用したいと思っている人は
「あ、そういえばあそこのお店は個室があったな・・・」
って思い出して利用しますよね^^

個室ならあそこのお店、ってなるわけです^^

お店の情報は、発信しないとお客さんには伝わりません。

ぜひ看板に書いて伝えましょう。




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:03 | TrackBack(0) | └ 飲食店

不安を店頭看板で解消A

「焼肉屋さんに行くと、服に臭いがついちゃうのよねー」

焼肉は好きなんだけど、女性は特にこーゆーのって気になります。

でもこのように、店前に設置してあるイーゼル看板に書いておけばお客さんも安心して食べられます^^

12.01.21.jpg

『強力無煙ロースターで臭いも気になりません』

こうやって書いてあれば、
「ここなら安心して食べられるわね^^」
って利用してもらえます。

お客さんの不安を先に解消しておけば、入店率も上がります。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

【価値】を書くと、入店率が上がります

お食事と手作りの甘味処のお店です。
入口にはこんなイーゼル看板があります。

12.01.20-1.jpg

お店の入口からは見えないのでわかりませんが、
「お庭を見ながらおくつろぎ下さい」
と書いておくことによって、ここはキレイな庭を見ながら食事ができるお店ということが分かります。

お客さんからすると、何も書いてなければ普通のお店ですが、お店のウリを書くことによって他のお店には無い、このお店だけの【価値】が出るんですね。

あなたのお店も、ぜひお客さんに【価値】を教えてあげましょう。

すると、それがお客さんがお店に入る『理由』になって、入店率がアップします。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 22:59 | TrackBack(0) | └ 飲食店

割引する場合は【理由】を書くべし

ワケあり商品をまとめて安く売ることによって、在庫を持たなくするだけでなく、今まで購入したことがないお客さんに買ってもらって商品の良さを知ってもらう機会にもなるんですね。

12.01.19-1.jpg

『年末最後の大特価 賞味期限2012年1月11日につき』

安く売る場合、大切なのはなぜ安く売るのかという【理由】をちゃんと教えるってことなんですね。

【理由】を書かずに、ただ値引きをすると価格競争にしかなりませんし、お客さんは
「どうせ本当は、もともと安いんでしょ?」
って考えます。

値引きをする時は、その【理由】を教えるとお客さんも納得して、
「お得な買い物をした♪」
と喜んでもらえますよ^^

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:41 | TrackBack(0) | └ 飲食店

営業時間外にお客さんを増やす方法 〜居酒屋@

こんにちは^^ 坂野慎一です。

店前看板は、営業時間外でも設置しておけば、通行人にお店の存在を知ってもらうことができます。

店前看板だけではなく、POPも店の外に貼っておけば通行人に見てもらうことができます。

12.01.18.jpg

お店の情報もいろいろと書いておくと、まだお店を利用したことがない人にも、どんなお店かを知ってもらえますので、営業マンを雇わずに新しいお客さんを増やすことができます。

さらにPOPにQRコードを書いて貼っておけば、メール会員に登録してもらえますのでお客さんとの関係性も深くすることができるんですね^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:03 | TrackBack(0) | └ 飲食店

設置の向きを考える

A型看板をお店の前に設置する場合、どのように置いたらお客さんに一番見やすいか、を考えると効果的です。

お店の前を通る人に見てほしいのなら、通行人が見やすいようにお店に対して垂直に置きましょう。

この様にお店に対して平行に置くと・・・

設置の向き.jpg

お客さんはお店の正面に来た時しか、看板に書かれてある文字を見ることができません。

でも、お店に対して垂直に設置してあれば、離れた所から看板に気がついてもらえます。

垂直におくと効果的.jpg

置き方ひとつで、入店率は全然変わってしまいます。



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:54 | TrackBack(0) | └ 飲食店

POPや写真はハミ出して貼ると効果的

今シーズンのプロ野球は、中日ドラゴンズが優勝したので、名古屋ではいろんなお店で優勝記念セールをおこなっていました。

この飲食店も、さっそくPOPがA型看板に貼ってありました。

11.10.20-1.jpg

どうせナナメにして貼るなら、もっと看板枠から大きくはみ出して貼った方がさらに効果的です。

POPや写真は、はみ出して貼ることによってお客さんの目に入りやすくなるんですね^^

その結果、売上アップに繋がる・・・というわけです。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 22:50 | TrackBack(0) | └ 飲食店

売れ筋ランキングを書くと購入率が上がります

お店の入口に、イーゼル看板が置いてありました。

なにやらペタペタ貼ってありますが・・・

イーゼル看板.jpg

よ〜く見てみると、売れ筋のランキングが書いてありました。

売れ筋ランキング.jpg

たしかにお店の売れ筋ランキングは、お客さんが選ぶのにとても参考になります。

でもこの大きさの文字では、目の前に行って『ジ〜ッ』っと見ないと小さすぎて読むことができません。

たくさん貼りたい気持ちはわかりますが、ジャンル別に全部ここに貼る必要はないんです。

逆に、字が小さいので見てもらえませんし、たくさんオススメがありすぎてお客さんは悩んでしまいます^^

ここのイーゼル看板には、目玉商品のランキングだけを書いておいて、残りは店内POPでそれぞれのコーナーに貼っておくと、お客さんは見やすくなります。

そうすることによって、お客さんは興味を持ってくれるので、売上につながるんですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:08 | TrackBack(0) | └ 飲食店

写真を貼ると入店率がアップします

店前看板には、オススメのメニューを書くと入店率がアップします。

こんなA型看板がありました。

SH3I05750001.jpg 

写真付きなのでどんな商品か見た目でわかりますが、写真を付ける場合は説明の文もつけるとさらにお客さんの興味を引きつけます。


(ここから)

『栗をた〜っぷり使用した期間限定の新作ケーキです。栗が大好きでたまらないあなたに、ぜひ食べてもらいたくて作りました^^』

(ここまで)

な〜んて書いておくと、栗が好きなお客さんが入店してくれますよ。

だれに食べてほしいか、を伝えることが大切なんです。



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム