「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

割引の看板を出すタイミングとは 〜洋服店


ちょっとシャレた洋服店の前に、「半額」という大きなA型看板がありました。

どう見ても、看板業者に書いてもらった文字ではありません。

おそらく自分で書いたのでしょうが、お世辞にも上手な字ではありません(汗)

しかし、このお店の中をのぞくとけっこう高そうな感じのお店です。

間違っても、あまり安い商品を販売している感じには思えないお店の雰囲気です。

2012.02.02-4.jpg

お店の雰囲気に合わせて看板も作るべきです。

安っぽい文字が書かれた看板が置いてあると、お店の商品も「どうせ安いものしかないんだろう」と、お客さんは勝手に決め付けてしまいます。

お店の商品に合わせた書体を使うことによって、お店の印象は変わります。

しかもこの「半額」の看板は、かれこれ1年以上前からず〜っと置いてあります。

これでは、「いつでも半額」が当り前になってしまうので、せっかくの『割引』の価値が無くなってしまいますね。

【今日の鉄則:一年中同じ割引は、定価と一緒:笑】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:31 | TrackBack(0) | └ 小売店

分かりやすいPOP例


家事をしている主婦は、手が荒れるのが悩みです。
でもハンドクリームは、料理が全部終わってからでないとつけることが出来ません。
「塗ったまま料理をすることができるハンドクリームがあったらいいのに・・・」
その悩みを解消するのが、この商品というわけですね。

IMG_6084-1.jpg

そのままおにぎりを握っても大丈夫!
働くお母さんの強い味方
安心・安全 心地良いハンドクリーム 1050円

分かりやすくて良いPOPですね^^
「手荒れに悩んでいるお母さんに」と書いておくと、さらに購入率が高くなるでしょう!

【今日の鉄則:何を伝えたいのかをわかりやすく書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

POP1枚で売上アップ


屋外でのテントの出店で、多肉植物を販売していました。
最初は何もPOPを貼らずに販売していたのですが、購入はおろか、通行客になかなか立ち止まって見てもらうことすらしてもらえない状態でした(汗)

多くの通行客は、植物を見て、
「手入れが面倒そう・・・」
「どうせスグに枯らしちゃうからなぁ・・・」
な〜んて思っています(汗)

そこで、こんなPOPを貼ったところ・・・
IMG_4903-1.jpg
『水やりは1ヶ月に1回 手入れがカンタン』

立ち止まる人が増えて
「え?1ヶ月に1回でいいの?それだったら私にもできそう(笑)」
と言って、購入をしてくれるようになったのです。

POPには、お客さんが不安や疑問に思っていることを書いて教えてあげると、売上が増えますよ^^

【今日の鉄則:POP1枚で売上げは増える】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

バナナをパン売場で買う


今日は売上を増やす方法をお話します。

バナナは、野菜くだもの売場で売るもの・・・と多くの人は思っているでしょう。
ですから、野菜くだもの売場を過ぎたら、もう購入することはありません。

しかし、バナナは、野菜くだもの売場で売るもの・・・というのは、それは勝手な決めつけなんですね。
パン売り場で販売してもいいのです!

でも普通は、パン売り場には、バナナは販売しません。

ところがPOPにこのように書くと・・・
banana-1.jpg

『朝食にバナナ 朝食メニューにパンと一緒にどうぞ』

このようにPOPに書いておくと、「そうか、パンと一緒に食べると美味しそうだな…じゃあバナナも購入して、明日の朝パンと一緒に食べよう」と思い、購入してもらうことができます。

すると、ここでバナナが余計に多く売れるんですね^^

食べ方をPOPで教えてあげると、その商品の売上げも増えます!

【今日の鉄則:売り場は1ヶ所ではない】

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

利用されやすい店にするには 〜小売店


来店客を増やすために、ガラスに文字を貼ってアピールすると来店客が増えます^^

つまりお客さんの不安を取り除くことも、看板やPOPの役割なんですね。

たとえば自転車屋です。

購入をしたお店でないと、
「ちょっとした修理だけで行くと、お店の人から嫌がられるんじゃないか・・・」
と思う人は案外多くいるものです。

IMG_5906-1.jpg

「どこで買った自転車でも修理いたします」

と書いて貼っておくだけで、
「修理をしてもらえるんだ^^」
と気軽に利用してもらえます。

また、入口に
「空気入れ、ご自由にお使いください」
と貼っておいて、日頃から利用してもらうと買替えの時などに
「あ、あそこのお店に行ってみよう^^」
と来店をしてもらうことが出来ますよ。

【今日の鉄則:利用しやすい工夫をすると売上アップ】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

商品の特徴を伝えてると売上げが増える


店前看板で、売りたい商品をアピールするとその商品の売上げを伸ばすことができます^^

IMG_5252-1.jpg

その場合に重要なのは、その商品がどんな商品かということをわかりやすく書くということです。

たとえ地元では有名だったとしても、初めて見る人には商品名を言われても分かりません。

『かまいり茶ソフトクリーム』って言われても、どんなソフトなのか特徴が分からなければ購入はしないでしょう。

「ここでしか味わえない」のでしたら、『限定品』と大きく書いておくと、さらに売上を増やすことが出来ます。

【今日の鉄則:商品の特徴をアピールする】

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

限定商品で売上アップ 〜小売店


お客さんが商品を「欲し〜い!」と買いたくなるような、売上げを増やすためのPOPです。

ここでしか購入することが出来ない【産地限定商品】や、今しか購入することが出来ない【期間限定商品】は、お客さんの購入意欲が高まります。

なぜなら、「ここにいて良かった〜、ラッキー♪」というお得感を感じるからです。

IMG_5706-1.jpg

静岡のお菓子と言えば『うなぎパイ』が有名ですが、『ここでしか買えない、浜名湖限定のチョコパイ』と言われたら、
「ここでしか買えないのなら、買っていこう♪」
といって購入していきます。

ここでしか買えない商品を購入することが出来た、というお得感・満足感を感じることができ
るんですね^^

【今日の鉄則:限定品でお得感を出す】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

どんな商品なのかを伝える


商品名を書いていても、お客さんは興味を持ってくれません。

IMG_6048-1.jpg

『オーダー枕』

お客さんは、『オーダー枕』と書かれていても欲しいとは思いません。
なぜなら、枕は誰でも使っているので、
「わざわざオーダーで作る必要はないよ」
と思っているからです。

(ここから)
朝、目が覚めると体がだるい…
ぐっすりと眠ることができない…
ひどい肩こりに悩まされている…
などでお悩みではありませんか?

これらの原因の多くは、じつは枕にあるのです!
多くの人は、「枕は頭を支えるもの」と勘違いをしています。本当は「枕は首を支えるもの」なのです。

体に合った枕は、体型によって人それぞれ違うものです。あなたの体に本当に合った枕を使用することで、寝不足や肩こり・頭痛・腰痛などを解消することが出来ます。

オーダー枕 22000円
(ここまで)

というように、どうして『オーダー枕』にした方が良いのか?
または『オーダー枕』にすると、どんな良いことがあるのか?
ということを教えてあげなければ、価値は伝わりません。

値段が高くても、価値が伝われば購入をしてもらえます。

高いから買わないのではなく、なぜ買った方が良いかが分からないから買わないのです。

【今日の鉄則:価値があると感じたら購入をする】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

その看板は誰に伝えたいのか 〜小売店


店前看板に何を書けばいいのか、分からない店主必見の記事です。

通行人に見てもらうには、『誰に見てほしいのか』をわかりやすく書くこと、これが一番大切です。

IMG_6014-1.jpg

(ここから)
最近こんなことありませんか?
「テレビの音が大きいと言われる」
「会話を聞き返す」
「返事がチクハグ」
(ここまで)

誰に見てもらいたいのか、ということがハッキリ書かれています。

このように読んでもらいたい人をハッキリとして書いておくと、
「そうそう、最近家族からテレビの音が大きいって注意されるのよね〜」
「あら、いやだ、全部当てはまっちゃうわ:汗」
なんて思った人は、
「ちょっと話を聞いてみようかしら…」
と入店をしてもらうことが出来ます。

逆に、ただ『補聴器のご相談を承ります』とだけ書いてあっても、通行人は
「私には関係ない」
と決めつけて気にも留めないものです。

『最近こんなことありませんか?』と聞くことによって、「そうそう!そ〜なのよ!」と興味を持って見てもらえるんですね。

【今日の鉄則:誰に見てほしいのかを明記する】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

お店の看板に書くべきこととは 〜小売店


看板でお客さんを増やしたいと思っている店主にオススメの記事です。

あなたのお店の看板には、何を書いていますか^^

「看板だから、お店の名前だよ〜」
なんていう店主もいると思います。

街を歩いていると、お店の看板に店名をデカデカと書いているお店もたくさんありますが、お客さんからすれば店名なんて【どーでもいい】ことなんです(汗)

一番お客さんが知りたいことは、そのお店がどんなお店で、何を売っているのか、ということです。

たとえば靴屋さん。

IMG_5567-1.jpg

(ここから)
歩きやすい靴
旅行用の靴
(ここまで)

このように書いてあれば、「なんか靴がしっくりこないのよね〜。歩きやすい靴って、ちょうどいいじゃない!」
「旅行中って歩き回るから、足が痛くなってくるのよね〜。旅行用の靴って、どんなのかな?見てみよう♪」
といって、入店をしてもらえます。

街には靴屋はたくさんあります。
どんな商品を売っているかを看板に書いておくと、来店客は増えますよ^^

【今日の鉄則:どんなお店なのかを看板に書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

POPと値札は違います 〜小売店


「POPを書いているけど、高い商品が思うように売れないんだよなぁ〜」
という店主がいますが、ひょっとしてこんな感じに書いていませんか?

IMG_5708-1.jpg

よく商品名と値段だけを書いてあるものを見かけますが、それはPOPではありません。
ただの『値札』・『プライスカード』です。

同じ商品名で、価格が3種類に分かれている商品です。

もちろん高い商品の方がより美味しいのでしょうが、何も説明がしてないのでお客さんには分かりません。

見た目が同じなら、お客さんは一番安い商品か、真ん中の価格の商品を購入していくでしょう。
高い商品は、高い理由があるハズです。
それを書いて教えてあげることで、『価値』がでてくるのです。

(ここから)
海苔は、網から一番はじめに摘み取られる新芽の柔らかい部分が一番美味しいとされています^^
その貴重な【一番摘み】の海苔を、オリーブオイルと伯方の塩だけのシンプルな味付けで旨さを引き立てています。
極上味付海苔 するが ¥1500
(ここまで)

と書いておけば、「せっかくだから高級海苔を買っていこう」と購入してもらえます。

【今日の鉄則:どんな商品なのかを書くのがPOP】
3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

お店の前の看板 〜郵便局にて


「店前にスタンド看板を置いているけど、あんまり効果がないんだよなぁ〜」と思っている店主にぜひ読んでいただきたい記事です。

IMG_5981-1.jpg

これは郵便局の前に置いてあった看板です。
昔は郵便局にはこのような看板は見たことがありませんでした。

看板を置くのはとても良いのですが、見てもらえなければ意味がありません。
問題は書く内容です。

IMG_5982-1.jpg

2種類の看板が置いてあります。

『新発売・はじめのかんぽ』の看板
どんな人が入ると良い保険なのか、どんな商品なのか、この保険に入るとどのような良いことがあるのか、が全く分かりません。

『265万円⇒300万円』の看板
まず、パッと見て意味が分かりません。隣の看板の商品と連動しているのか、それとも単独の内容なのかも素人には分かりません。

・誰が購入をすると良い商品なのか
・なぜこれを購入すると良いのか
などが書いてないと、ただのメニュー看板と同じになってしまいますので、お客さんの興味を引くことは出来ないでしょう。


【今日の鉄則:何を伝えたいのかを明確にして書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

見た目のイメージ 〜案内表示


ある商業施設のエレベーター内に貼ってあった各店舗の営業時間の案内表示です。

IMG_3006-1.jpg

おそらくPCで作成して、ラミネーター加工をしたのでしょうが・・・
印刷された文字が、ナナメになったままラミネーター加工をして使っています(汗)

どう見ても「印刷失敗」ですね(笑)

普通は、みっともないので作りかえるでしょう。

でも、これがこのまま貼ってあるということは、作った人は時間に追われていて作り直すことが出来ないくらい忙しい人なのか、それとも、よっぽど印刷の出来栄えが気にならない人なのか、どちらかなのでしょうね^^

たったPOP1枚のことですが、「いいかげんな仕事をする店」「だらしがない店」のようにも感じられてしまいます。

【今日の鉄則:お客さんからどのように見られているか、を常に気にする】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

黒板をキレイにする方法 〜小売店


お店の前に黒板の看板を設置している方にオススメの記事です。

黒板の看板やホワイトボードの良いところは、毎日簡単に文字の書き変えができるところですね。

ところが、毎日書き変えていると看板の台板が徐々に汚れていきます。これは、毎日その都度拭いていても回数を重ねていくと、どうしても汚くなっていくものです。

IMG_2903-1.jpg

もちろん汚れた看板って見た印象がよくありません。
ましてや飲食店関係のお店でしたら、なおさらです。

キレイな黒板と汚れた黒板、どちらの黒板に書いてある方が美味しそうに見えるでしょうか?

また、毎日徐々に汚れていくものなので、店主ってなかなか気がつかないものなんですね。

それに、ちょっと汚れてきたからといって、看板を買い換えるのはもったいなくて抵抗を感じる…

じゃあ、そんな時にはどうすればいいのか?

答えはカンタンです。
今まで使っている黒板を塗り替えればいいんです^^

「え?そんなことが出来るの?!」
と、思われるかもしれませんね。

「黒板塗料」というのがありますので、それを塗れば色あせていた台板もあっという間に元通りにキレイにすることが出来ます。

もっとお手軽なのは「黒板スプレー」ですね。吹き付けるだけで、簡単に解決することが出来るんです!

「ちょっと汚れてきたなぁ…」
「古くなってきたなぁ…」
な〜んて感じたら、スグに手直しをしましょう。

【今日の鉄則:看板はお店の顔。常にキレイにしておく】

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

気になる看板とは? 〜小売店

new2.gif

店前の看板を使って、通行人を入店させたいと考えている店主にオススメの記事です。

店前に置くスタンド看板は、基本的に車ではなく、通行人に見てもらうことを前提としています。

なぜなら、スタンド看板に文字を多く書いても、車で通り過ぎるのは一瞬だからなのです。
そのわずかな時間に、細かく書いた文字を読んでもらうことは出来ないからなんですね。

車の運転手に見てもらうには、なるべく大きくて短い文字しか無理なんですね。
その場合、「おや?」と思うような内容にする必要があります。

たとえばこれ↓

IMG_5052-1.jpg

果物屋で、ただ単に
「スイカあります」
と書いただけでは、果物屋でスイカを販売しているのは当り前のことなので、気にも留めてもらえません。

しかし、
「どこにも負けないスイカあります」
としておくと、見た人は「そこまで言うなら商品にかなり自信があるんだろうなぁ…買っていこうかな♪」と購入する気になるんですね。

ましてや果物屋なので、説得力がありますよね^^

見た人が、思わず買いたくなるような看板を書くと、入店率が上がりますよ。

【今日の鉄則:看板には、見た人が気になることを書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

POPの大切さ 〜小売店


店内POPを書いてみようと思っている店主にオススメの記事です。

そもそもなぜ商品にPOPが必要かというと、たとえばコレ↓

DSC_0053-1.jpg

目立つ場所に商品を並べてあるということは、特に購入をしてもらいたいからですよね。

しかしよく見ると、単に商品とメーカー支給のPOPが置いてあるだけで、
・商品名が『キレートレモン』
・レモンの飲み物
ということくらいしか分かりません。

「レモンの飲み物だから買おう^^」という人は、残念ながらいないでしょう。

よくメーカー支給のPOPだけを貼っている店もありますが、それはあくまでもイメージを与えるだけで、商品の良さは伝わりません。

逆にキレイなだけのメーカー支給のPOPは、お客さんは『売り込み感』を感じるものです。
その点、手書きPOPは『売り込み感』が感じにくくなります。

POPは、
・なぜこの商品をオススメしているのか?
・レモンを飲むとどのように体に良いのか?
など、この商品はどんな商品なのかをお客さんに教えるためにあるのです。

まぁもっとも、大前提としてこの売り場の場合、どこにも価格が書いていないのでそもそも値段がわからない(笑)

どれだけ目立たせて陳列していても、値段が分からなければお客さんは購入をしません(汗)

【今日の鉄則:どれだけ目立たせても、値段が分からなければ買わない】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

春の新作ケーキの魅せ方 〜スタンド看板


春の新作ケーキの案内看板です。

02.05-1-1.jpg

・フルーツタルト
・オランジェ
・ショコラフランボワーズ

商品名だけでは、残念ながらどんなケーキかよく分かりません。

商品名だけではなく、新作ケーキの写真をそれぞれ商品名の横に貼っておくと、どんなケーキなのかひと目で分かりますので、

「美味しそうじゃん^^」

な〜んて、注文率も上がるでしょう。

POPを貼る時のコツですが、POPを看板の枠からはみ出して貼ると、さらに目立つので見てもらえますよ^^

【今日の鉄則:スタンド看板には写真も一緒に貼ると、さらに見てもらえます】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

なぜ安いのか…その理由は? 〜小売店


商品として味は問題ないけれど、形がちょっと悪いから売り物にならない・・・

そんな商品を持っている方にオススメの記事です。

いわゆるB級品と言われる商品を、販売するPOPです。

IMG_5564-1.jpg

利尻昆布というと、高級品といわれていて価格も安くはありません。

でも形がそろっていないだけで味に問題はないので、

『ふぞろいの昆布たち』

といったネーミングで販売しています^^

でも、お客さんにはどうして安いのかが分からないので、
「安くて大丈夫かな・・・」
と不安になってしまいます。

ですから、どうして安いのかを書いておくとさらに売れるようになります。

『商品にする時にどうしても出てしまうハンパの部分を集めました!たしかに見た目は良くないかもしれません(わたしと一緒:汗)・・・形はバラバラですが、味は一級品です!無くなり次第終了のお買い得品です!』

と書いておけば、安い理由が分かりますので

「だったら買って行こう^^」

といって喜んで購入をしてもらえるんですね。


【今日の鉄則:安い理由を伝えると不安がなくなり購入してもらえます】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

商品を買いやすくしてあげるには? 〜小売店・お土産


お客さんの購入点数を増やしたい方にオススメの記事です。

IMG_3908-1.jpg

「お土産の売れすじランキング」のイーゼル看板です。

お土産って、何を買えば喜んでもらえるのかが分からないので、どれを買おうか迷ってしまうものです。

そこで、このように売れすじのランキングを書いて教えてあげるのです。

すると、
「売れすじだったら、間違いはないな^^ 買って行こう!」
というように、買ってもらいやすくなります。

またこの場合、目立たせるために植物のつるの装飾を周りに飾ってあります。

このように目立たせることはとても良いのですが、残念ながら肝心の文字が、つるで隠れてしまっています。

これでは、パッと見ても文字が読めないので、看板自体を見てもらえないかもしれません(汗)

せっかくの売れすじ1位商品なのに、『…にゃくてっぽう』って(笑)

お客さんはパッと見て何かわからない場合、わざわざ障害物をどかしてまで見ようとはしません。そのまま通り過ぎてしまいます。

装飾をするのはとても良いですが、文字はハッキリ読めるようにしておきましょう。

【今日の鉄則:看板の文字はハッキリ読めるようにする】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

思わず商品手に取ってしまうPOPとは 〜小売店


旅行に行った時に、どれを購入しようか悩むのがお土産物です。

種類はいっぱい売っているけど、後で
「違うのにしておけばよかったなぁ・・・」
とか、
「あげた人に、美味しくなかったって言われたらイヤだなぁ・・・」
なんて、いろんなことを考えてしまい、なかなか決め手がみつかりませんよね。

お店のPOPは、そんな時に後押しをしてあげるためのものなんですね^^

IMG_5236-1.jpg

『この味ならもう1個買っとけばよかった』

こんなPOPを見たら、
「そんなに美味しいのなら買っていかなきゃ!」
って思います(笑)

私も5ヶ、買っちゃいました(笑)


追申

看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:47 | TrackBack(0) | └ 小売店

文字の色を考えると来店客数が増えます 〜小売店


お店のガラス窓も、看板として使うことができます^^

ただし、ガラスに文字を貼る場合は、文字の色に気をつける必要があります。

IMG_4728-1.jpg

基本的に屋内は暗いですから、文字の色は明るくしないと全く目立たなくなってしまいます。

黒文字だと、文字が読めません(汗)

文字の色を白色や黄色のように明るくすると、読みやすくなります。

または、文字のウラに白い紙を貼っておけば、黒色の文字でも読みやすくなります^^

いかに目立たせて、多くの人に見てもらえるか・・・これが来店客数に大きく関係してきます。


追申

看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:54 | TrackBack(0) | └ 小売店

お客を増やすには、『知ってもらう』こと 〜小売店

new2.gif

窓ガラスも、使い方によっては大きな看板になります^^

IMG_0817-1.jpg

写真の撮影スタジオなのでしょう。

『七五三撮影=100円(撮影料)』

と大きく貼ってありますので、車からでも、遠く離れた場所からでも良く見えます。

何をしているのか、ということを知ってもらえなければ、お客さんはやって来ません。

お客さんを増やすには、とにかく多くの人にお店の存在を知ってもらうことが、絶対的に必要なんです!


お店を知ってもらうための販促物なら、

http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

一口食べると思わず笑みがこぼれるほど○○○ 〜小売店


一味唐辛子のPOPです。

やはり何と言っても、ウリは『辛さ』です。

どのくらい辛いかを、いかに伝えることができるかで売上も変わります。

IMG_3616-1.jpg

これ以上の言葉は必要ありません(笑)

『笑えるほど辛い』

一口食べると思わず笑みがこぼれるほど日本一旨くて辛い唐辛子、ということなんですね。


思わず買ってしまうPOPの書き方講座は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

組み合わせ自由でお得…なのに 〜小売店


まとめて買うとお得!!という売り方があります。

IMG_4586-1.jpg

みかん・りんご・富有柿が、それぞれ1盛380円で販売しています。

POPには、
『どれでも3盛1000円 380円の品組み合わせ自由』
と書かれています。

3盛まとめて買った方がお得になるということですね。

つまり、みかん・りんご・富有柿をそれぞれ1盛ずつ計3盛買っても1000円だし、みかんを3盛買っても1000円で購入できる、ということです。

でも、『どれでも3盛1000円』と書かれていても、いったいどのくらいお得かということは、お客さんには分かりません。

もちろん計算をすれば、380円×3=1140円なので、3盛買うと140円引きになる・・・というのは誰でも分かるでしょう。

しかし、お客さんはわざわざ計算なんてしません。

なぜなら面倒だから^^

もっと言えば、パッと見てどのくらいお得なのか分からないので買うのをやめる人もいるでしょう。

お客さんには、出来るだけ考えさせないことが重要です。

『3盛買うと、通常1140円 ⇒⇒⇒今なら1000円に! 140円のお得です!しかもお好きな組み合わせで選べます^^』

実際にいくらお得なのか、ということを書くことで、

「せっかくだから買って行こう^^」

と購入をしてもらいやすくなるんですね。


↓↓↓↓↓↓ もっと知りたい人はこちらへ!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

違和感で注目度アップ 〜小売・飲食店


お店の前のスタンド看板に、印刷されたポスターを貼っているお店をよく見かけます。
いわゆるメニュー表ですね。

IMG_4312-1.jpg

キレイに印刷されたポスターに、このようにちょっとPOPを貼り付けるだけで、お客さんの目をグッと引くことができます。

キレイな印刷物の上に手書きのPOPなので、違和感を感じるからなんです。

IMG_4311-1.jpg

デザートと言えば、『甘い』のが普通です。でも甘くない本格的な抹茶を使ったフロートを食べたい人もいます。

『本抹茶で甘くない 大人の抹茶フロート』
と貼っておくことによって、
「お、甘くないんだったら食べてみよう」
と購入をしていくんですね。

抹茶フロートが400円 
大人の抹茶フロートが650円

同じ抹茶フロートでも、いつもとは違う価値を付けると、値段が高くなっても買ってくれます。

それでは、今よりももっと売れるようにするにはどうすればいいでしょうか?

それは、もっとPOPを大きくすることです。その方がさらに目立って、より多くの人に気づいてもらえます。

看板は、見てもらってナンボですから^^


↓↓↓↓↓↓ 注目!

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:27 | TrackBack(0) | └ 小売店

お客さんに教えると売上げがのびる


IMG_3493-1.jpg

『食べ方が分からないあなたに 超簡単 熱湯を注ぐだけでたちまち料亭の味に!?
もちろんみそ汁や吸い物に入れるだけ』

商品の特徴は、お客さんには分かりませんので、書いて教えてあげる必要があります。

書かなければ、お客さんは分からないままですので、購入はしません。

でも、POPに書くだけで、
「あら?カンタンなのね・・・だったら買ってみようかしら」
と購入をしてくれるようになるのです。

特にこの場合は、黄色の紙に赤文字で書いてあるので、売り場から離れたところからでもよく目立つので、イイですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:05 | TrackBack(0) | └ 小売店

「違和感」こそが目立つコツ


『半額』と看板いっぱいに大きく書かれています。

IMG_3279-1.jpg

おそらく店主が自分で書いたのでしょうね、だって、文字が上手じゃないから(笑)

でもね、上手じゃないからこそ、手作り感があって、「がんばってるなぁ〜」と好感が持てます^^

それに、あたたかみも感じるし、なにより通行人の目を引くのですよ!

街にはキレイな看板ばかりが、た〜くさんあります。

キレイな文字の看板ばかりがある中で、上手ではない看板があるからこそ、『違和感』を感じるから、目を引くんですね!

看板の一番の目的は、通行人に見てもらうこと(気づいてもらう)です。

この看板は、と〜っても目立っている優秀な営業マンになっています^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:44 | TrackBack(0) | └ 小売店

つい見てしまう看板とは


お店の前に置く看板は、それを見たお客さんをスグにそのまま入店させることができる唯一の販促物なんです^^

IMG_5195-1.jpg

この場合、残念なところは、せっかくラミネート加工をしてPOPを貼っているのに、テープがはがれてPOP自体が見えなくなっています。

でも、商品名と価格だけを書いていても、お客さんはあまり興味を持ってはくれません。

なぜならそれはメニュー表でしかないからなんですね。

さらにそのはがれたPOPが看板自体の文字もかくしてしまっています(汗)

スグに直す方がイイですね^^

次に書く内容です。

『焼きうどん』『たこ焼き』はどこでも売っていますので、お客さんはここで購入しなければいけない理由はありません。

「買おうかな♪」と思ってもらうには、どんな『焼きうどん』なのか、どんな『たこ焼き』なのか、を書くと注文率があがります。

たとえば、
「鰹節ではなく、『サバ節』を使用!ソースをよ〜く吸いこんでいて、さらにコシのある麺にこれでもかってくらい絡んでいて、コクを最大限に引き出しています。
ぜひ一度ご賞味ください! とっておきの焼うどん ¥650」
てな感じに^^

いくつも商品名を書くのではなく、『売りたいもの』を1〜2コに絞った方が、その商品の良さをもっと伝えることができます。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:43 | TrackBack(0) | └ 小売店

わかりやすさが一番効果的です!


ここは観光地なので、修学旅行生や学校の遠足でくる学生向けのサービスってことですね^^

写真を付けるともっと「美味しそう〜♪」と感じるので良いですね!

sohuto.jpg

「学生割引」と書いてありますが、いくら割引になっているのかを書いておくと、もっと売れるようになります。

「通常410円➪ 学生割引で、なんと310円!!」
とパッと見てスグにわかるようにすると、売上倍増です!!



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:35 | TrackBack(0) | └ 小売店

ワンちゃん専用緑茶

new2.gif

これも静岡県焼津にある市場、さかなセンターで見かけた
ものです。

11.02.11inuotya.jpg

「犬のお茶」?

じつはこれ、緑茶の粉茶ですって。

なんでも『犬のサプリメント』的なものとのコト。

犬もいまや家族の一員。

人間がメタボやアトピーで悩むように、犬も肥満や
皮膚病などで悩んでるとのこと。

そんな犬たちに、この「犬のお茶」がいいということ
らしい。

「ウチのジャスミンにも買ってあげようかしら」

な〜んて購入するらしいです^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

販売しているコトをPOPでアピール


観光地の駅前にあるコンビニです。

普通はコンビニに、観光地のお土産物が売っているとは思いませんよね。

お土産物といったら、お土産屋さんで買うのが当り前、って考えます^^

ですから、お土産物を販売しているのならアピールしないとお客さんには分かりません。

11.09.25-1.jpg

11.09.25-2.jpg

こーやって書いてあれば、お土産物を買い忘れた人も
「あ!ここも買える!」
って、ここで買うコトができるので、売上が伸びます。

さらに、コンビニに入るつもりが無かった人も、
「ちょっと電車まで時間があるから、お土産物を見ていこうかな^^」
って入店するキッカケになるんですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:44 | TrackBack(0) | └ 小売店

POPを使って購入点数を増やす 〜スーパーの場合



スーパーで見かけた塩鍋のPOPですね。

SH3I05790001.jpg

鍋の見本の横には、スープと肉も置いてあります。

この様に鍋に必要な材料を一緒に置いておけば、おきゃくさんはこれを見て、
「鍋もいいわね♪今夜は、塩鍋にしようかしら」
と、わざわざ肉売場まで行かなくてもここでまとめて材料が買っていける、というわけです。

お客さんが「いいわね♪」と思った時に、いかに手間を掛けさせずに買い物カゴに入れてもらうか、ってことを考えるのです。

そしてこの横に
『鍋の〆は、ラーメンがオススメです♪』
とPOPに書いて、卵・麺・ネギを並べて置いておきます。

すると、
「じゃあ、そうしようかしら」
と、さらに購入点数が増えるので、売上をアップすることができますよ^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:28 | TrackBack(0) | └ 小売店

購入するキッカケを作るPOPとは 〜小売店


魚市場でのPOPです。

商品の用途を書いておくと、購入率も上がります。

12.02.21-1.jpg

『常温でお持帰りも安心です』

『おみやげやちょっとしたお返しに』

と書いておけば、

「家まで距離があるけど、常温でいいなら安心ね。」

「おみやげに、お隣の奥さんにあげようかしら^^」

と購入していきます。

利用方法を書いておくと、買う理由が出来て、購入率が上がります^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 22:38 | TrackBack(0) | └ 小売店

POPには商品のメリットを書く 〜クツ屋


先日、飛騨高山に行った時にみかけたクツ屋さんのPOPです。

通行人から見えるように、お店の店頭に貼ってあったのですが、A4サイズの紙に1文字ずつ書いてあるので、かなり目立ちます。

kutu.jpg

高山は冬は雪がたくさん降るので、滑らないように靴底に工夫がしてあるんですね。

これは地元の人には当たり前のことなので、観光客向けにアピールするとさらに売上をのばすことができます。

『ここが違います!ぜひ手にとって靴底を見て下さい!』

な〜んて書いておけば、雪国ならではの説得力がありますので、

「雪が降った時って、道がすべって困るのよね〜。こうゆうクツが欲しかったのよね〜^^」

と言って観光客に興味を持ってもらえます。

何も書いていなければただのクツですが、このクツを使用した場合のメリットをPOPに書いて教えてあげることによって、興味を持ってくれるんですね。

POPには商品を使うメリットを書くと、購入率がグンと上がりますよ^^

あなたのお店でも、ぜひお試し下さいね!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:18 | TrackBack(0) | └ 小売店

割引をする理由を書いて購入率をアップ


通常価格が高い商品は、お客さんはなかなか手を出しにくいものです。

そんな時は、賞味期限が近づいている商品をまとめて割引価格で売ることで購入率を上げることができます。

そうすることによって、在庫を持たなくするだけでなく、今まで購入したことがないお客さんに買ってもらい、商品の良さを知ってもらう機会にもなるんですね^^

12.01.19-1.jpg

『賞味期限2012年◇月◇日につき、ワケあり特別価格で販売中!
名古屋コーチンごはんの素 日本三大地鶏・名古屋コーチンを使用した炊き込みご飯の素です。
通常価格 1箱735円⇒⇒⇒ワケあり特別価格 1箱420円・5箱1050円の大特価です。この機会にぜひご賞味ください!』

通常価格が高い商品を安く売る場合、お客さんはどうして安く売るのか、理由を知りたがります。

ですから、大切なのはなぜ安く売るのかという【理由】をちゃんと教えて納得した上で購入してもらう、ってことなんですね。

【理由】を書かずに、ただ値引きをすると価格競争にしかなりませんし、お客さんは「どうせ本当は、もともと安いんでしょ?」って、疑って考えがちです。

値引きをする時は、その【理由】を教えるとお客さんも納得して、

「お得な買い物をしたな〜^^」

と喜んでもらえますし、

「やっぱり高いものは美味しくて違うな〜」

って、商品の価値もわかってもらえます。

そして、それが次回購入につながるんですね^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:29 | TrackBack(0) | └ 小売店

見方を変えて売上アップ


漁港の近くの魚市場です。

ここでも家でペットを飼っている人向けの商品を売っていました^^

ワンちゃん用.jpg

魚市場で販売しているので、街のお店で売っている品物よりもなんとなく新鮮で良く感じます(笑)

ペットを飼っている人はこれを見たら、

「ウチのワンちゃんにも買って行こうかしら^^」

と購入していくでしょうね^^

魚市場だからといって、人が食べるものだけを販売する必要はないんですね。

見方を変えれば、今よりも売上を伸ばすことが出来ますよ^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:12 | TrackBack(0) | └ 小売店

必要なのは「伝える力」です


POPを使ってお客さんに「買おうかしら」と思ってもらうには、
『伝える力』
を身に付けることが必要です。

あるお茶屋さんでは犬を飼っている人向けに、
『犬のお茶あります 国内初』
と、愛犬の健康管理のための『犬のお茶』を販売しています。

12.02.22-1.jpg

犬を飼っていない人は、
「犬にお茶は必要ないでしょ」
と思って素通りします。

でも、犬を飼っている人はこれを見て、
「あら?なにかしら」
と思いますよね^^

愛犬の健康に気をつけている人なら、なおさらです。

そして近寄るとそのPOPの横には、詳しい説明が書かれたPOPがあるので、このお茶が愛犬の健康にどのように良いかがわかるようになってます。

POPは、あなたが商品を買ってほしいと思っている人に『伝える』ことが大切なのです。

きちんと『伝える』ことができれば、商品の良さを理解してもらえて購入してもらえますし、『伝える』ことができなければ素通りをしていきます。

あなたのお店の商品の良さは、POPでキチンと伝わっていますか^^




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:38 | TrackBack(0) | └ 小売店

ひと目でわかるPOP


以前TVで流れていた、携帯電話のCMで使用されていた湯のみ茶碗です。

私の地元である愛知県春日井市のお隣の瀬戸市で作られた瀬戸焼きだそうです。

12.02.16-2.jpg

ひと目見るだけで、
「あっ!あのCMで使っていた湯のみ茶碗だ♪」
って分かります^^

『お父さんへの贈り物』としてアピールしたところ、父の日はもちろんのこと、売り上げがグンっと伸びたそうです。

そして数年経った今でも、まだまだ売れているみたいですね!

ひと目でわかるPOPですね!

「パッと見て分かる」まさに理想ですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:16 | TrackBack(0) | └ 小売店

A型看板やイーゼル看板は、ちゃんと見えやすくなっていますか?


お店の前に設置するイーゼル看板やA型看板は、通行人にお店のアピールをするのにとっても効果があります。

しかし、ただ出しておけばイイってものでもありません。

店前看板の前に自転車なんかを置いてあると、せっかく看板を出していても何が書いてあるのかが読めないので、通行人は見ようとしてはくれません。

2012.02.02-3.jpg

「看板は出しているのに、最近お客さんがあんまり入ってこないな〜・・・」

な〜んて思ってたら、A型看板が隠れていて見えなくなっていた・・・なんてコトがよくあります(汗)

あなたのお店の店前看板は、通行人から見やすい場所に置いてあるか、何かに隠れて見えにくくなっていないか、を実際に通行人になって歩いてみて検証しましょう。

何かがジャマをしていて見えにくくなっているのなら、改善するとお客さんの入店率もアップしますよ^^

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:17 | TrackBack(0) | └ 小売店

文字の書き方を考える

文字の書き方を考えてみましょう^^

11.02.11.jpg

「とろ〜り半熟 卵のカレーパン」

パッと一目見たときに、この書き方だと、
「とろ〜り半熟」と「卵のカレーパン」
の2つのかたまりが目に飛び込んできますよね。

それよりも、
「とろ〜り半熟卵の」と「カレーパン」
のかたまりにした方が、一瞬で分かりやすいです。

または、
「とろ〜り」と「半熟卵の」と「カレーパン」
の3行にするとか。

そして、大事なことは
「誰に」
「なにを」
「伝えたいか」、です。

この場合なら、
「カレーパンが大好きなあなたに!」
とか
「カレーパンに目がないあなたに!」
なんて感じに。

次に「カレーパン」に「半熟卵」を入れると、どうおいしくなるのか・・・
それを伝えます。

だって、お客さんには分からないんですから。

お客さんに、
「○○○だから、○○○なんですよ〜」
って教えてあげれば、さらに買う人は増えますよ^^

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:51 | └ 小売店

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム