「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

料理の写真には、添え書きを! 〜飲食店


お店の入口のガラスや店前看板に、料理の写真を貼っている店主にオススメの記事です。

よく、料理の写真をズラ〜っと並べて貼っているお店があります。

IMG_20140410-1.jpg

店主からすれば、「こんなにも料理の種類がありますよ〜」てなことが言いたいのでしょう。

しかし写真だけを貼っていても、お客さんからすれば「だから?」としか感じません(汗)

なぜなら、その料理がどのように美味しいか、がお客さんには全く分からないからです。

ガラスや店前看板に写真を貼る場合は、添え書き(キャプション)も一緒に書きましょう^^

(ここから)
ひと口食べるとジュワ〜ッとあふれる肉汁が美味しさの秘訣です!
手作りぎょうざ 1人前 480円
(ここまで)

どんな料理なのか、を書いておくとお客さんの興味を引くことが出来るんです。

【今日の鉄則:写真には必ず、添え書きをつける】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

看板を装飾する時は 


店前に置く看板に花飾りなどで装飾をしてあります。

IMG_5997-1.jpg

見た目は華やかになってとても良いですが、本来伝えたいことまで飾りで隠れてしい、見えなくなっています(汗)

お店の人は自分の看板ですので、どんな看板なのか、何が書いてあるのか、を当然分かっていますので、気にならないのでしょう。

書いてある内容は、
・こども英語教室
・体験レッスン募集中
・電話番号
・当ビル7F
ということです。

しかしこれでは、初めて見る人は、「こども英語教室」くらいしか文字が読めません。

一番伝えたいことは、「体験レッスン募集中」ということなのに、隠れているので分かりません。

看板の見た目の印象を良くするため、華やかにするため、看板の存在を目立たせるため…に装飾をしたのでしょうが、これでは装飾をするために看板が置いてあるようなものです(汗)

【今日の鉄則:装飾で文字が読めない看板は、×】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

お店の看板に書くべきこととは 〜小売店


看板でお客さんを増やしたいと思っている店主にオススメの記事です。

あなたのお店の看板には、何を書いていますか^^

「看板だから、お店の名前だよ〜」
なんていう店主もいると思います。

街を歩いていると、お店の看板に店名をデカデカと書いているお店もたくさんありますが、お客さんからすれば店名なんて【どーでもいい】ことなんです(汗)

一番お客さんが知りたいことは、そのお店がどんなお店で、何を売っているのか、ということです。

たとえば靴屋さん。

IMG_5567-1.jpg

(ここから)
歩きやすい靴
旅行用の靴
(ここまで)

このように書いてあれば、「なんか靴がしっくりこないのよね〜。歩きやすい靴って、ちょうどいいじゃない!」
「旅行中って歩き回るから、足が痛くなってくるのよね〜。旅行用の靴って、どんなのかな?見てみよう♪」
といって、入店をしてもらえます。

街には靴屋はたくさんあります。
どんな商品を売っているかを看板に書いておくと、来店客は増えますよ^^

【今日の鉄則:どんなお店なのかを看板に書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

POPと値札は違います 〜小売店


「POPを書いているけど、高い商品が思うように売れないんだよなぁ〜」
という店主がいますが、ひょっとしてこんな感じに書いていませんか?

IMG_5708-1.jpg

よく商品名と値段だけを書いてあるものを見かけますが、それはPOPではありません。
ただの『値札』・『プライスカード』です。

同じ商品名で、価格が3種類に分かれている商品です。

もちろん高い商品の方がより美味しいのでしょうが、何も説明がしてないのでお客さんには分かりません。

見た目が同じなら、お客さんは一番安い商品か、真ん中の価格の商品を購入していくでしょう。
高い商品は、高い理由があるハズです。
それを書いて教えてあげることで、『価値』がでてくるのです。

(ここから)
海苔は、網から一番はじめに摘み取られる新芽の柔らかい部分が一番美味しいとされています^^
その貴重な【一番摘み】の海苔を、オリーブオイルと伯方の塩だけのシンプルな味付けで旨さを引き立てています。
極上味付海苔 するが ¥1500
(ここまで)

と書いておけば、「せっかくだから高級海苔を買っていこう」と購入してもらえます。

【今日の鉄則:どんな商品なのかを書くのがPOP】
3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

客単価を増やすには 〜飲食店


飲食店で、今よりも客単価をアップさせたい店主にオススメの記事です。

お客さんはお店で注文をする時は、必ずメニューブックやPOPを見て注文をします。

そしてその中から、
「これも食べたいなぁ〜、こっちもイイなぁ〜・・・どれにしようかな〜」
と選ぶわけです。

しかし、食べられる量は決まっていますので、大抵はその中から1つのメニューを選んで注文をします。
つまり、客単価はそこで決まってしまうんですね。

でも本当は、いろいろな料理を食べたいのです。

そんな場合は、メニューブックと一緒に

IMG_3161-1.jpg

一品料理 Sサイズ 600円 
ご注文の際は「Sサイズ」とご指定下さい

と書いたPOPを渡しておくのです。

すると、
「Sサイズが出来るんだ…じゃあ、せっかくだから2種類注文しよう♪」
ってなります。

たとえば
「エビチリ 980円」
「回鍋肉  950円」
のどちらも食べたいと思っても、さすがに2種類は量が多いので食べられません。

しかし、
「エビチリ(S)600円」
「回鍋肉 (S)600円」
であれば、多少割高になっても注文をしてもらえるんですね。

複数の人数の場合なら、なおさらです。

多くの飲食店は、一品料理は普通サイズしか用意していません。
でも調理する材料は、普通サイズでもSサイズでも同じです。

ちょっと注文できる選択肢を増やしてあげるだけで、お客さんには喜ばれて、さらに客単価をアップすることができるんです。

【今日の鉄則:今のメニューで客単価はアップできる】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

ラミネートで看板をつくる 〜焼肉店


IMG_3232-1.jpg

29日は大感謝デー!!
金券50%バック!!

ラミネーター加工したものを看板代わりにしています。
1枚の用紙に1文字ずつ印刷しているので、離れたところからでも良く見えますね^^

このようにラミネーター加工したものを看板代わりに使うというのは、良い考えですね^^

何といっても、看板と比べてコストがかからない。
しかも、いつでもやり変えることが出来ます!

しかしラミネーター加工した物を貼る場合、欠点もあります。
それは、太陽の光ですぐに色あせてしまうということです。

ちょくちょくやり変えなければ、色あせて見た目が汚くなってしまうので注意が必要です。
看板や文字が汚いと、料理も美味しそうには感じませんからね。

このお店の様に壁面の上の方に取り付けると、取り替えるのにハシゴや大きな脚立が必要になります。

取替え作業も大変ですので、なかなか気軽に取り替えることが出来ません(汗)

ですから、取替えが簡単に出来る場所に貼るのが良いですね^^

しかもこの場合、『29日は金券50%バック!!』と毎日貼ってあるのが残念です。
これを見たお客さんは、どう思うでしょうか?

多くの人は、
「なんか29日以外に行くと、損をした気持ちになるなぁ〜」
って感じることでしょう(汗)

そうなると、せっかくのサービスが逆効果になってしまいますからね!

【今日の鉄則:貼る場所・貼る時期を考えよう!】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

目を引く看板


看板は何のために必要なのでしょうか?

それは、見てもらって、興味を持ってもらうためです。
お客さんに見てもらって初めて【本来の役割】を果たすことが出来ます。

つまり看板は、お客さんに見てもらえなければ、あっても無くても同じってことなんです。

これは、よく街にある交通安全の看板です。

IMG_4501-1.jpg

「ゆっくり走ろう商店街」・・・よくありがちですね。べつにインパクトもありませんよね^^

看板は新しくキレイです。でも、いったいどのくらいの人がこの看板に気がついているでしょうか・・・

設置した当初は見るかもしれません。
「あ、こんなところに看板が付いた」って。
しかし残念ながら、ひと目見た瞬間から、記憶の中から消してしまうことでしょう(汗)

理由はカンタンです。
どこにでもある看板なので、気に留めないのです。

そして風景と同じように、看板も風景の一部としてとらえてしまうのです。
つまり、人は見慣れると、風景の一部として認識してしまうんですね。

では、この看板ならどうでしょうか。

ba-san.jpg

「ばあさん飛び出す商店街」・・・イヤイヤ、こんな看板見たことがありませんよね(笑)

子供ではなく、ばあさん飛び出すって、どんだけ元気なばあさんだよっ!って話です^^

実際には飛び出しては来ないでしょうが、間違いなく運転手の目を引きますし、インパクトのありますので記憶に残ります!

記憶に残るということは、結果的にこの道路を通る時には『注意をする』ようになるということです。

看板は設置するだけではなく、見てもらえる工夫も大事なんです。

【今日の鉄則:看板は見てもらえる工夫をしよう!】




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

お店の前の看板 〜郵便局にて


「店前にスタンド看板を置いているけど、あんまり効果がないんだよなぁ〜」と思っている店主にぜひ読んでいただきたい記事です。

IMG_5981-1.jpg

これは郵便局の前に置いてあった看板です。
昔は郵便局にはこのような看板は見たことがありませんでした。

看板を置くのはとても良いのですが、見てもらえなければ意味がありません。
問題は書く内容です。

IMG_5982-1.jpg

2種類の看板が置いてあります。

『新発売・はじめのかんぽ』の看板
どんな人が入ると良い保険なのか、どんな商品なのか、この保険に入るとどのような良いことがあるのか、が全く分かりません。

『265万円⇒300万円』の看板
まず、パッと見て意味が分かりません。隣の看板の商品と連動しているのか、それとも単独の内容なのかも素人には分かりません。

・誰が購入をすると良い商品なのか
・なぜこれを購入すると良いのか
などが書いてないと、ただのメニュー看板と同じになってしまいますので、お客さんの興味を引くことは出来ないでしょう。


【今日の鉄則:何を伝えたいのかを明確にして書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

お客さんに知ってもらう大切さ


☆記事の写真は内科の病院の入口ですが、どの業種にも共通する内容です。

お客さんにお店の存在を知ってもらいたいと思っている店主に特にオススメです。

IMG_5826-1.jpg

行きつけの病院が決まっていない人は、症状が軽いとなかなか病院に行こうとは考えないものです。

(ここから)
スギ花粉飛んでます。
黄砂も飛びます!
早目の治療が効果的です!
点鼻点眼薬も処方出来ます。
(ここまで)

でもこのように書いておけば、花粉症の人や黄砂アレルギーで悩んでいる人が見たら、
「へぇ〜、ここでも治療が出来るんだ^^」
と気に留めてもらうことが出来ます。

いつも通っている道なら、
「ここなら通勤路で楽だから寄っていこうかな」
となりやすいですね。

普通は「耳鼻科じゃないとダメ」と勝手に思い込んでしまいますが、内科でも治療が出来ることが分かれば利用してもらえるんですね。

これは、内科の病院だけに限ったことではなく、他の業種も同じです。

お客さんは、あなたのお店のサービスや扱っている商品を知りません。
通行人に見てもらえるように、大きく書いておくだけで利用者が増えます。

【今日の鉄則:知ってもらわなければ、無いのと同じ】




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 整体院・治療院

見た目のイメージ 〜案内表示


ある商業施設のエレベーター内に貼ってあった各店舗の営業時間の案内表示です。

IMG_3006-1.jpg

おそらくPCで作成して、ラミネーター加工をしたのでしょうが・・・
印刷された文字が、ナナメになったままラミネーター加工をして使っています(汗)

どう見ても「印刷失敗」ですね(笑)

普通は、みっともないので作りかえるでしょう。

でも、これがこのまま貼ってあるということは、作った人は時間に追われていて作り直すことが出来ないくらい忙しい人なのか、それとも、よっぽど印刷の出来栄えが気にならない人なのか、どちらかなのでしょうね^^

たったPOP1枚のことですが、「いいかげんな仕事をする店」「だらしがない店」のようにも感じられてしまいます。

【今日の鉄則:お客さんからどのように見られているか、を常に気にする】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

黒板をキレイにする方法 〜小売店


お店の前に黒板の看板を設置している方にオススメの記事です。

黒板の看板やホワイトボードの良いところは、毎日簡単に文字の書き変えができるところですね。

ところが、毎日書き変えていると看板の台板が徐々に汚れていきます。これは、毎日その都度拭いていても回数を重ねていくと、どうしても汚くなっていくものです。

IMG_2903-1.jpg

もちろん汚れた看板って見た印象がよくありません。
ましてや飲食店関係のお店でしたら、なおさらです。

キレイな黒板と汚れた黒板、どちらの黒板に書いてある方が美味しそうに見えるでしょうか?

また、毎日徐々に汚れていくものなので、店主ってなかなか気がつかないものなんですね。

それに、ちょっと汚れてきたからといって、看板を買い換えるのはもったいなくて抵抗を感じる…

じゃあ、そんな時にはどうすればいいのか?

答えはカンタンです。
今まで使っている黒板を塗り替えればいいんです^^

「え?そんなことが出来るの?!」
と、思われるかもしれませんね。

「黒板塗料」というのがありますので、それを塗れば色あせていた台板もあっという間に元通りにキレイにすることが出来ます。

もっとお手軽なのは「黒板スプレー」ですね。吹き付けるだけで、簡単に解決することが出来るんです!

「ちょっと汚れてきたなぁ…」
「古くなってきたなぁ…」
な〜んて感じたら、スグに手直しをしましょう。

【今日の鉄則:看板はお店の顔。常にキレイにしておく】

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

お客さんにはわかりません 〜針治療


店前に置くスタンド看板で、来店客を増やしたいと思っている店主にオススメの記事です。

店前のスタンド看板は、通行人が見て「入ってみよう^^」と興味を持ってもらうための販促物です。

IMG_5091-1.jpg

「精一杯、治療させていただきます」
「手技療法 針治療効果◎ お気軽にどうぞ!」

と言われても、お客さんからすれば

「手技療法…だから何?手技だから何がどのようにいいの?」
「針治療効果◎…どんな症状の人に効果があるの?私は受けたらいいのかどうかわかんない」

っていうように、知らない言葉を並べられてもわからないんです(汗)

店主からすれば、『こんなの専門用語じゃない!』と思うかもしれませんが、お客さんは全くの素人なので知識がありません。

十分、意味がわからない難しい専門用語になるんです。

お客さんが知りたいのは、専門用語なんかじゃないんです。

これは、どんな人に効果があるのか?
どうして手技療法だといいのか?
針治療って誰が受けると良い治療なのか?
これをすればどのように良くなるのか?

ということ。

お客さんが知りたい情報を書いてあげないと、興味を持ってはもらえません。

【今日の鉄則:出来る内容ではなく、得られる効果を書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 整体院・治療院

気になる看板とは? 〜小売店

new2.gif

店前の看板を使って、通行人を入店させたいと考えている店主にオススメの記事です。

店前に置くスタンド看板は、基本的に車ではなく、通行人に見てもらうことを前提としています。

なぜなら、スタンド看板に文字を多く書いても、車で通り過ぎるのは一瞬だからなのです。
そのわずかな時間に、細かく書いた文字を読んでもらうことは出来ないからなんですね。

車の運転手に見てもらうには、なるべく大きくて短い文字しか無理なんですね。
その場合、「おや?」と思うような内容にする必要があります。

たとえばこれ↓

IMG_5052-1.jpg

果物屋で、ただ単に
「スイカあります」
と書いただけでは、果物屋でスイカを販売しているのは当り前のことなので、気にも留めてもらえません。

しかし、
「どこにも負けないスイカあります」
としておくと、見た人は「そこまで言うなら商品にかなり自信があるんだろうなぁ…買っていこうかな♪」と購入する気になるんですね。

ましてや果物屋なので、説得力がありますよね^^

見た人が、思わず買いたくなるような看板を書くと、入店率が上がりますよ。

【今日の鉄則:看板には、見た人が気になることを書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

POPの大切さ 〜小売店


店内POPを書いてみようと思っている店主にオススメの記事です。

そもそもなぜ商品にPOPが必要かというと、たとえばコレ↓

DSC_0053-1.jpg

目立つ場所に商品を並べてあるということは、特に購入をしてもらいたいからですよね。

しかしよく見ると、単に商品とメーカー支給のPOPが置いてあるだけで、
・商品名が『キレートレモン』
・レモンの飲み物
ということくらいしか分かりません。

「レモンの飲み物だから買おう^^」という人は、残念ながらいないでしょう。

よくメーカー支給のPOPだけを貼っている店もありますが、それはあくまでもイメージを与えるだけで、商品の良さは伝わりません。

逆にキレイなだけのメーカー支給のPOPは、お客さんは『売り込み感』を感じるものです。
その点、手書きPOPは『売り込み感』が感じにくくなります。

POPは、
・なぜこの商品をオススメしているのか?
・レモンを飲むとどのように体に良いのか?
など、この商品はどんな商品なのかをお客さんに教えるためにあるのです。

まぁもっとも、大前提としてこの売り場の場合、どこにも価格が書いていないのでそもそも値段がわからない(笑)

どれだけ目立たせて陳列していても、値段が分からなければお客さんは購入をしません(汗)

【今日の鉄則:どれだけ目立たせても、値段が分からなければ買わない】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

春の新作ケーキの魅せ方 〜スタンド看板


春の新作ケーキの案内看板です。

02.05-1-1.jpg

・フルーツタルト
・オランジェ
・ショコラフランボワーズ

商品名だけでは、残念ながらどんなケーキかよく分かりません。

商品名だけではなく、新作ケーキの写真をそれぞれ商品名の横に貼っておくと、どんなケーキなのかひと目で分かりますので、

「美味しそうじゃん^^」

な〜んて、注文率も上がるでしょう。

POPを貼る時のコツですが、POPを看板の枠からはみ出して貼ると、さらに目立つので見てもらえますよ^^

【今日の鉄則:スタンド看板には写真も一緒に貼ると、さらに見てもらえます】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

お客さんを呼び込まない看板


飲食店でお店の前にスタンド看板を設置している店主にオススメの記事です。

店前の看板には、どんなことを書いたらお客さんは入店するのでしょうか。

IMG_5125-1.jpg

メニューと価格が大きく書いてありますが、残念ながらお客さんが入店するキッカケにはなりにくいでしょう(汗)

なぜなら、どこのお店もそんなにメニューに大差はありませんよね。

それにメニューの名前だけを書かれても、どんな風に美味しいのか、どんな特徴がある料理なのか、というのがお客さんには分からないからです。

『ごろごろ野菜のラタトゥイユ』¥680

と書かれているのを見ても、「ラタトゥイユってなに?」と分からない人の方が多いです。

分からない時点で、看板の意味はなくなってしまいます(汗)

料理の写真を貼って、その横に

(ここから)
南フランスの定番家庭料理で野菜煮込み料理です。野菜た〜っぷりなので、体にやさしくヘルシーな当店オススメの一品です。ぜひ一度ご賞味下さい^^
(ここまで)

と書いてあれば、「へぇ〜、食べてみようかな」って興味を持ってもらえます^^

6種類も書かずに、2種類くらいにしていったいどんな料理なのか、なぜ食べてもらいたいのか、を書いた方がお客さんの興味を引き付けやすくなります。

【今日の鉄則:スタンド看板は、メニュー一覧表では見てもらえない】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

看板でお客さんを集めるには


スタンド看板を置いているけどお客さんがお店に来ない、という方にオススメの記事です。

スタンド看板を置いておけば、お客さんは勝手に見て入店してくれる・・・と思っている店主は意外と多い者です。

でも置いておけさえすれば勝手に来てくれる・・・なんてことはありません。

DSC_0068-1.jpg


重要なのは、『何が書いてあるか』ということ。


この看板は、コーヒーの種類と価格が書いてありますが、周りを見ても喫茶店とかコーヒー店などは見当たりません(汗)

見て分かることは、コーヒーの種類と価格だけです。

つまり、コーヒー豆を販売しているのか、コーヒーをお店で飲んでもらいたいのか、さえ分からないのです。

看板は、お店に来てもらうためのものです。

ただ置いておくだけでは、ジャマな置物にすぎません。

見た人に、何を伝えたいのか、そしてその後にどういう行動をとってもらいたいのかを書いておかなければ、お客さんはお店に来てはくれません。

【今日の鉄則:看板は、書く内容で来店客数が変わる】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

POPを通行人に見てもらうには


窓ガラスにPOPを貼って、通行人に見てもらおうと思っている方にオススメの記事です。

IMG_5493-1.jpg

メニューを1つずつ窓ガラスに貼っていますが、文字が小さいので目の前に立ち止まってジックリ見ないと、何が書いてあるのかがわかりません(汗)

せっかくなので、今の大きさの倍くらいにした方がより目立ちますし、料理の写真や文字も大きくすることが出来ます。

また、今はメニュー名と価格しか書いてありませんので、POPというよりも価格表になっています。

今のPOPの上部分に、この料理はどんな料理なのか、どのように美味しいのかを書いておくと「へぇ〜美味しそうだから、食べてみようかな♪」と入店してもらいやすくなりますね。

【今日の鉄則:POPは価格表ではなく、どんな商品なのかを伝えるものである】

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

期間限定メニューで売上を増やすポイントとは 〜飲食店


あなたが店前のスタンド看板やイーゼル看板に、期間限定のメニューや商品名を書いて売上げアップをしようとしているのでしたら、今日の話はぜひオススメです!

DSC_0011-1.jpg

『やよいひめいちごを使ったメニュー この期間のみの限定のメニューです。やよいひめを是非味わってみて下さい。』

と書いてあります。

お店が春の期間限定メニューとして、やよいひめをオススメしていることは分かりますが、これを見たお客さんはどのように感じるでしょうか?

「ぜひ食べたい!」とは残念ながらなりにくいでしょう(汗)

なぜなら、お客さんは「やよいひめいちご」が、どんないちごなのかを知らないのです。

「やよいひめいちごって、何?」と思うだけで、おしまいです。

せっかく良い商品を扱っていても、商品の良さがお客さんに伝わらなければ、購入はしてもらえません。

(ここから)

群馬県産地直送で仕入れているイチゴ「やよいひめ」は、酸味が弱い分練乳がいらないくらい甘くてまろやかだから、100%ジュースやイチゴ大福に最適なんです♪ 
今の時期が一番美味しいので、期間限定商品となっています。あなたもぜひ一度食べてみて下さいね^^ ほっぺたが落ちちゃいますよ(笑) 丸ごといちご大福 ドリンク付 ¥450

(ここまで)

オススメする理由をきちんと書くことによって、はじめて「へえ〜、美味しそう^^」とお客さんの興味を引くことができるのです。
また、『期間限定』にする場合は、なぜ期間限定なのか、その理由を書くことが売上げアップにつながります。




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

置き方ひとつで入店率は大きく変わる 〜飲食店


もしあなたが来店客を増やすために店前にスタンド看板を置いているのなら、今日の話はとても大切です。

あなたは、このようなスタンド看板の使い方をしていませんか?

IMG_3059-1.jpg

お店の前に置くスタンド看板は、通行人に見てもらうためのものです。

ですから、看板の向きも通行人が見やすいように置かなければ、せっかく置いていても見てもらえません。

なぜなら、歩いている人の視界に入らないから(汗)

看板の目の前に来た時に、『わざわざ横を向いて見る』なんてことはしてもらえないのです。

通行人に見てほしいのなら、歩道に対して垂直に置いて、自然に視界に入るようにしないといけません。

また中には、「でも、車からは見えるじゃないか」という方もいるかもしれませんが、スタンド看板では、一瞬のうちに目の前を通り過ぎる車からでは、文字が小さいので全く見てはもらえないでしょう。

分かっているつもりでも案外できていないことってありますよね。

見てもらう、気づいてもらう、ことができなければただの置物になってしまいますので、要注意です^^

【今日の鉄則:看板は文字を見やすく設置するべし】



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム