「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

もったいないから…は逆効果 〜飲食店


「もったいないから…」と、古くなった看板をいつまでも使っている店主にオススメの記事です。

スタンド看板は、通行人があなたのお店を知る一番初めの販促物です。

つまり、お店の第一印象はここで決まるのです。

いくら美味しい料理を実際には提供していたとしても、入店をして食べてもらわなければお客さんには分かりません。

見た目が悪いだけで、多くのお客さんは敬遠をしてしまうのです。

IMG_4127-1.jpg

子供のころに、『見た目で判断しちゃいけません』と言われたことはありませんか?ありますよね^^

なぜそう言うかというと、『人は見た目で判断をするもの』だからなんです(汗)

では、このように変わればどうでしょうか?

IMG_5566-1.jpg

看板が新しくなっただけで、お店もキレイに感じます^^

たったそれだけのことで、入店率が上がるのです。


【今日の鉄則:看板はお店の顔、見た目をキレイにすると入店率が上がる】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

なぜ安いのか…その理由は? 〜小売店


商品として味は問題ないけれど、形がちょっと悪いから売り物にならない・・・

そんな商品を持っている方にオススメの記事です。

いわゆるB級品と言われる商品を、販売するPOPです。

IMG_5564-1.jpg

利尻昆布というと、高級品といわれていて価格も安くはありません。

でも形がそろっていないだけで味に問題はないので、

『ふぞろいの昆布たち』

といったネーミングで販売しています^^

でも、お客さんにはどうして安いのかが分からないので、
「安くて大丈夫かな・・・」
と不安になってしまいます。

ですから、どうして安いのかを書いておくとさらに売れるようになります。

『商品にする時にどうしても出てしまうハンパの部分を集めました!たしかに見た目は良くないかもしれません(わたしと一緒:汗)・・・形はバラバラですが、味は一級品です!無くなり次第終了のお買い得品です!』

と書いておけば、安い理由が分かりますので

「だったら買って行こう^^」

といって喜んで購入をしてもらえるんですね。


【今日の鉄則:安い理由を伝えると不安がなくなり購入してもらえます】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

商品を買いやすくしてあげるには? 〜小売店・お土産


お客さんの購入点数を増やしたい方にオススメの記事です。

IMG_3908-1.jpg

「お土産の売れすじランキング」のイーゼル看板です。

お土産って、何を買えば喜んでもらえるのかが分からないので、どれを買おうか迷ってしまうものです。

そこで、このように売れすじのランキングを書いて教えてあげるのです。

すると、
「売れすじだったら、間違いはないな^^ 買って行こう!」
というように、買ってもらいやすくなります。

またこの場合、目立たせるために植物のつるの装飾を周りに飾ってあります。

このように目立たせることはとても良いのですが、残念ながら肝心の文字が、つるで隠れてしまっています。

これでは、パッと見ても文字が読めないので、看板自体を見てもらえないかもしれません(汗)

せっかくの売れすじ1位商品なのに、『…にゃくてっぽう』って(笑)

お客さんはパッと見て何かわからない場合、わざわざ障害物をどかしてまで見ようとはしません。そのまま通り過ぎてしまいます。

装飾をするのはとても良いですが、文字はハッキリ読めるようにしておきましょう。

【今日の鉄則:看板の文字はハッキリ読めるようにする】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 小売店

頼んでほしいメニューを注文してもらうには 〜飲食店


飲食店の方にオススメの記事です。

テーブルに置いてある1枚のメニュー表ですが、コースが3種類あります。
IMG_2268-1.jpg

上から、
2500円のコース
3500円のコース
1800円のコース

このお店は、2500円のコースが一番良く売れるそうです。

二番目が3500円のコースで、三番目が1800円のコースだそうです。

ポイントは、一番安い1800円のコースを他の2種類より小さい文字で書いてあるということです。

人は一番上から見ていきますので、仮に1800円を一番上に書いたら、安い1800円のコースがよく売れるのです。

「安いメニューしか出ないんだよなぁ・・・」と嘆いている店主がいますが、そのようなお店に限って、安いメニューを大きく一番上に書いているんですね。

メニュー表やPOPの書き方ひとつで、売上は変わります。


【今日の鉄則:メニュー表には、売りたいメニューを大きく書く】


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

わかんなきゃダメなんです・・・ 〜整体院


看板やPOPには、よく専門用語を書いているお店があります。

お店からすれば『当り前』に使っている言葉でも、お客さんは素人なのですから、何の事だか意味すらわかりません(汗)

IMG_5546-1.jpg

窓ガラスに貼ってあるPOPを見ると、『骨盤矯正や交通事故の治療』をしている整体院ということは分かります。でも、

『ウォーターベッド』があるから何がいいのか・・・?

『ヘルストロン』って一体どんなものでどのように体にいいのか・・・?

ほとんどの人が分からないでしょう(汗)

それを見て、
「入ってみよう!」
と思ってもらえない看板やPOPは、店主の自己満足でしかありません。

どんなものか、どのように体によいのか、ということを書くと興味を持って見てもらえますよ^^

看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:14 | TrackBack(0) | └ 整体院・治療院

思わず商品手に取ってしまうPOPとは 〜小売店


旅行に行った時に、どれを購入しようか悩むのがお土産物です。

種類はいっぱい売っているけど、後で
「違うのにしておけばよかったなぁ・・・」
とか、
「あげた人に、美味しくなかったって言われたらイヤだなぁ・・・」
なんて、いろんなことを考えてしまい、なかなか決め手がみつかりませんよね。

お店のPOPは、そんな時に後押しをしてあげるためのものなんですね^^

IMG_5236-1.jpg

『この味ならもう1個買っとけばよかった』

こんなPOPを見たら、
「そんなに美味しいのなら買っていかなきゃ!」
って思います(笑)

私も5ヶ、買っちゃいました(笑)


追申

看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:47 | TrackBack(0) | └ 小売店

文字の色を考えると来店客数が増えます 〜小売店


お店のガラス窓も、看板として使うことができます^^

ただし、ガラスに文字を貼る場合は、文字の色に気をつける必要があります。

IMG_4728-1.jpg

基本的に屋内は暗いですから、文字の色は明るくしないと全く目立たなくなってしまいます。

黒文字だと、文字が読めません(汗)

文字の色を白色や黄色のように明るくすると、読みやすくなります。

または、文字のウラに白い紙を貼っておけば、黒色の文字でも読みやすくなります^^

いかに目立たせて、多くの人に見てもらえるか・・・これが来店客数に大きく関係してきます。


追申

看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 23:54 | TrackBack(0) | └ 小売店

偽装表示??? 〜小売店


最近、飲食店の偽装表示のニュースが飛び交っていますね(汗)

そんな中、あるお土産物屋でこんなPOPが・・・(笑)

IMG_1552-1.jpg

『手造り飴各種 どれでも 105円』

でも、よ〜く見ると・・・

『手造り』のヨコに、『ふう』???

つまり、手造りではないってコトですね(笑)

偽装表示と言われる前に、慌ててマジックペンで書いたのでしょうか^^


でもこれも、

「なにこれ!『ふう』って書き足してあるよ〜(笑)」

な〜んて話題になるので、お客さんに見てもらう・気づいてもらう、という点では十分POPの役割を果たしていますね^^


看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso-2/index.html

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

看板じゃない看板って?! 〜飲食店

new2.gif

お店の前に置くのは、看板でなければいけない・・・

な〜んてことは全然ないんです^^

なるほど、こんな使い方もあるんですね・・・フムフム

IMG_2336-1.jpg

会議室や塾の授業などで使う『ホワイトボード』です(笑)

これなら何度でも書き直しが自由ですし、大きいので情報量もたくさん書くことができます。

写真だってたくさん貼ることができるので、使い方によってはかなり優秀な『無言の営業マン』になるでしょう!

表面と裏面があるので、昼のランチのパターンと夜の通常営業の2パターンを使い分けることも、カンタンに出来ます。

見た目がちょっと・・・と感じるのでしたら、もうすぐクリスマスの時期ですので、たとえば台板の周りや下の部分に装飾をするのもイイですよね♪

ただ難点は、屋根のある場所でないと雨が降ると文字が消えたり、スグにサビてくる可能性がありますので注意が必要ですね。

わざわざ看板を購入しなくても、このように使えるものはどんどん使っちゃいましょう^^


看板・チラシ・POPの使い方を知ることが、
客数を増やすのに一番の近道です!
http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:35 | TrackBack(0) | └ 飲食店

ワクワクさせる「あるひと言」とは 〜飲食店

new2.gif

お店で注文した料理がなかなか出てこない・・・
なんて経験は誰にでもあると思います。

調理に時間がかかる料理なら、初めからPOPに書いて貼っておきましょう。

IMG_0667-1.jpg

『骨付き焼き豚 600円
焼き上がりまで15分位、ガマンして待ってて下さい』

このようにあらかじめ「15分位」調理するのに必要と書いておけば、お客さんはそれを承知で注文をするので、クレームにはなりません。

また、これがたとえば、

『骨付き焼き豚 600円 調理時間15分』

とだけ書いてあったらどうでしょうか。

「15分もかかるんだったら、イイや・・・」

となることでしょう(汗)


でも、

『ガマンして待ってて下さい』

と言うことによって、その料理に対する期待度がグッと上がり、わくわく楽しみながら待ってくれます^^

たったひと言つけ加えるだけで、クレームではなくワクワクしながら待ってもらえるんですね!

注文率を上げるPOPの書き方なら、

http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:14 | TrackBack(0) | └ 飲食店

お客を増やすには、『知ってもらう』こと 〜小売店

new2.gif

窓ガラスも、使い方によっては大きな看板になります^^

IMG_0817-1.jpg

写真の撮影スタジオなのでしょう。

『七五三撮影=100円(撮影料)』

と大きく貼ってありますので、車からでも、遠く離れた場所からでも良く見えます。

何をしているのか、ということを知ってもらえなければ、お客さんはやって来ません。

お客さんを増やすには、とにかく多くの人にお店の存在を知ってもらうことが、絶対的に必要なんです!


お店を知ってもらうための販促物なら、

http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

もっと多くの人に見てもらうには 〜飲食店

new2.gif

お店の前のA型看板(スタンド看板)です。

IMG_3746-1.jpg

『野菜を食べるカレー』

と書いてあり、写真が貼ってあります。

写真を見ると、たしかに野菜がたくさん入っていることが分かります^^

でも、もっと分かりやすくするには、せっかく写真を貼るのだったら看板のスペースいっぱいに大きくした方が、より見やすくて分かりやすくなります♪

写真は整列させてキレイに貼るよりも、1枚1枚のサイズをもっと大きくしてはみ出させて貼ると、違和感を感じるのでより多くの通行人に見てもらうことができます。

『野菜を食べるカレー』という文字も、もっと大きく目立つ色にした方が遠くからでも見えます。

看板は、見てもらってこそ価値があります。

どれだけ品が良くても、見てもらえなければ無いのと同じですからね(汗)


思わず見てしまう看板の書き方は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

一口食べると思わず笑みがこぼれるほど○○○ 〜小売店


一味唐辛子のPOPです。

やはり何と言っても、ウリは『辛さ』です。

どのくらい辛いかを、いかに伝えることができるかで売上も変わります。

IMG_3616-1.jpg

これ以上の言葉は必要ありません(笑)

『笑えるほど辛い』

一口食べると思わず笑みがこぼれるほど日本一旨くて辛い唐辛子、ということなんですね。


思わず買ってしまうPOPの書き方講座は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

来てほしいお客さんに向けて伝える 〜飲食店


焼肉屋の看板です。

IMG_4750-1.jpg

焼肉屋って、お店によって価格が大きく違います。

見た目だけでは、いったいどのくらいの価格かが分かりませんよね。

特に1階が駐車場で、店舗が2階になっていると店の中が見えないので、余計に入りにくいものです。

ところが、このように

「お一人様平均2200円 ほとんどのお肉が299〜399円」

とハッキリ看板に書いてあると、「じゃあ、入ろうか^^」と入店もしやすくなりますね。

このようにすれば、お店が『来てほしいと思っているお客さん』に来てもらいやすくなります。



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 16:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

こんなPOPの使い方 〜飲食店


IMG_3618-1.jpg

お好み焼き屋なのに、なんかテーブルの上がスッキリしてるなぁ〜と思ったら、調味料が何も置いていないんですね。

壁のPOPには、
 
『当店はお客様に少しでも広く、快適にテーブルの上を使って頂くために、ソースや調味料のセットを置いていません。』

と書いて貼ってあります。

あらかじめこのように書いておけば、常にテーブルの上に常備しておく必要はありませんので、「青のりないよ〜!」な〜んてことも起こりません。

その都度、お客さんが必要なものだけをお届けすればいいので、ムダも少なくなるんですね。

それにテーブルが広く使えるということは、それだけ料理の皿も多く載せることができるということですので、お客さんは注文をしやすくなります。

またその下には、

『ソースの販売もしております』

と書いてあります。

何も書いていなければ、食事代だけで帰ってしまうのですが、ひと言書いておくだけで、

「この焼そばソース、美味しかったから買っていこうか^^」

と、客単価アップにもつながるんですね。


販促物の使い方講座は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

組み合わせ自由でお得…なのに 〜小売店


まとめて買うとお得!!という売り方があります。

IMG_4586-1.jpg

みかん・りんご・富有柿が、それぞれ1盛380円で販売しています。

POPには、
『どれでも3盛1000円 380円の品組み合わせ自由』
と書かれています。

3盛まとめて買った方がお得になるということですね。

つまり、みかん・りんご・富有柿をそれぞれ1盛ずつ計3盛買っても1000円だし、みかんを3盛買っても1000円で購入できる、ということです。

でも、『どれでも3盛1000円』と書かれていても、いったいどのくらいお得かということは、お客さんには分かりません。

もちろん計算をすれば、380円×3=1140円なので、3盛買うと140円引きになる・・・というのは誰でも分かるでしょう。

しかし、お客さんはわざわざ計算なんてしません。

なぜなら面倒だから^^

もっと言えば、パッと見てどのくらいお得なのか分からないので買うのをやめる人もいるでしょう。

お客さんには、出来るだけ考えさせないことが重要です。

『3盛買うと、通常1140円 ⇒⇒⇒今なら1000円に! 140円のお得です!しかもお好きな組み合わせで選べます^^』

実際にいくらお得なのか、ということを書くことで、

「せっかくだから買って行こう^^」

と購入をしてもらいやすくなるんですね。


↓↓↓↓↓↓ もっと知りたい人はこちらへ!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 小売店

違和感で注目度アップ 〜小売・飲食店


お店の前のスタンド看板に、印刷されたポスターを貼っているお店をよく見かけます。
いわゆるメニュー表ですね。

IMG_4312-1.jpg

キレイに印刷されたポスターに、このようにちょっとPOPを貼り付けるだけで、お客さんの目をグッと引くことができます。

キレイな印刷物の上に手書きのPOPなので、違和感を感じるからなんです。

IMG_4311-1.jpg

デザートと言えば、『甘い』のが普通です。でも甘くない本格的な抹茶を使ったフロートを食べたい人もいます。

『本抹茶で甘くない 大人の抹茶フロート』
と貼っておくことによって、
「お、甘くないんだったら食べてみよう」
と購入をしていくんですね。

抹茶フロートが400円 
大人の抹茶フロートが650円

同じ抹茶フロートでも、いつもとは違う価値を付けると、値段が高くなっても買ってくれます。

それでは、今よりももっと売れるようにするにはどうすればいいでしょうか?

それは、もっとPOPを大きくすることです。その方がさらに目立って、より多くの人に気づいてもらえます。

看板は、見てもらってナンボですから^^


↓↓↓↓↓↓ 注目!

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 14:27 | TrackBack(0) | └ 小売店

店主おどろきの事実とは!!


2013年11月5日
愛知の事務所より
from笑天



「だから、見てもらえ
なかったのかぁ!!」


ある小売店の話です。



お店の前にはスタンド看板を
置いています。


でも、書いてある商品を
目当てにお客さんがお店に
入って来ない・・・


あるお店ではそんな悩みを
持っていました。



「書いてある商品が良くない
のだろうか…」


「それとも看板を設置して
いる場所が良くなくて見て
もらえないのだろうか…」


当然店主はいろいろと
考えたそうです。



でも、どうも違うっぽい・・・



そこで、常連のお客さんに
その看板について聞いて
みたそうです。



すると驚きの事実が!!!



「前から思っていたんだけど、
看板の文字が達筆すぎて
何て書いてあるのかわからない
んだよね〜(笑)」



あ、じつはこれは本当に達筆な
わけではなく、文字がヘタで
読めないってことだったんです(汗)



そうなんです。

店主はなにげなく書いていた
のですが、いわゆる
『なぐり書き』だったんです。



何がかいてあるのか読めない
のですから、その商品を目当てに
くるハズはありませんよね。



「だって文字を書くのが
ヘタだから・・・」


もちろん文字を書くのが
得意な人もいれば、苦手な
人もいるでしょう。



でも、けっしてキレイな文字を
書かなければ見てもらえない
わけではないのです。



むしろ上手な文字でなくても
いいのです。



ここで一番重要なことは、
『丁寧に文字を書く』
ということなんです。



これは、書く時の気持ち
ひとつで変わります。



お店の販促物と言えば、

POP・チラシ・店前看板
・メニューブック・名刺・
HP・グルメサイト…

などなどいろいろあります^^



それらには、それぞれに
役割があります。



店前のスタンド看板の
役割は、お客さんに見て
もらってナンボです。



興味を持ってもらい、
入店をしてもらえれば
看板として大成功です。



POPもチラシも一緒です。



丁寧に書くことを心がけると
反応も変わってきます。


応援しています^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:56 | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

こんなPOPの使い方で仕事の効率をアップ 〜飲食店


これも高速道路のサービスエリアのイートインコーナーで見かけたPOPです。

POPは、商品をより多く購入してもらうだけに使うものではありません。

IMG_4012-1.jpg

このような場所では、入れ替わり立ち代わりお客さんがテーブルに座って食事をします。

ですからテーブルが汚れているとお客さんが変わるたびに、
「テーブルを拭くフキンをください」
とスタッフは声をかけられて、そのつど仕事が止まってしまいます。

でも、このように『テーブル拭きです。どうぞご使用下さい』とPOPを貼っておけば、お客さんは自ら取りにきてくれます。

また『使用済みテーブル拭き こちらに投入してください』と片づける場所も書いておけば、お客さんは自然に片づけてくれるので、スタッフは料理に集中できるわけです。

また、横に荷物入れのカゴがおいてあるのですが、これではお客さんはあまり気がつかないでしょう。

ここにも
『お荷物入れです。ご自由にどうぞ』
とPOPを貼っておいた方が、お客さんが気がつきやすくなり、利用をしてくれます。

このカゴを使ってもらえれば、イスに荷物を置くお客さんが減りますので、お客さんの回転率も今よりもさらによくなります^^

その分、売上もアップします^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

たった1枚のPOPで、売上アップ 〜飲食店


高速道路のサービスエリアのイートインコーナーです。

ファストフードやお買い上げの商品をその場で食べることが出来ます。

その場で調理をしてくれるお店も同じで、ふつうはここで食べて行きます。

中には、「お持ち帰りができたらな〜」と思っている人もいるでしょうが、「ここの施設は、そういうもの(ここで食べて行くもの)」と思っています。

誰もが初めから、『お持ち帰りは出来ないもの』と決めつけているんですね(汗)

もし、お持ち帰りができるとしても、お店がお客さんに教えてあげないと、お客さんは知らないままなんです。

IMG_4310-1.jpg

「聞いてくれればいいのに・・・」とお店の人は考えるかもしれませんが、それをお客さんに求めるのはお店の勝手な考えです。

『お持ち帰りできます』

と、POPで知らせておくだけで、「時間がなくて急いでいるから、買って帰ろう!」という人にも購入してもらえます。

たった1枚のPOPで、今まで購入しなかった人が買ってくれるようになるので、売上が増えるのです!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム