「お客さんが来ない〜」と嘆いているほとんどのお店は、『来店客の増やし方』を知らないまま、なんとなく感覚で看板やPOPをやっています。
ここでは、客数と売上を増やすことを目的とした店頭看板や店内POPの使い方・書き方を公開しています。
ぜひご活用下さいね。


*******************************

美味しさの伝え方 〜飲食店


商品名と価格だけを書くよりも、美味しさを伝えた方がお客さんの購買意欲を、さらにかき立てます^^

IMG_4027-1.jpg

『土日祝日限定 近江和牛串焼き オーダー頂いてからお焼きいたします 1本1000円』

『土日祝日限定』と書くことで、「今しか食べられない」という価値を感じますし、『オーダー頂いてからお焼きいたします』というのは、作り置きではなく、焼きたてということがわかります。

しかしこの看板には、「美味しそう^^」と思わせる言葉が書いてありません。

たとえば、
『ひと口食べると、近江和牛の肉の甘味が口の中でジュワ〜っと広がりますっ!!』
とPOPに書いて看板に貼っておくとどうでしょうか。

「うわ〜っ、美味しそう!買って行こうか!!」
な〜んて思えてきます^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

スタンド看板のさらに良い使い方 〜美容室


お店の前に置いてある美容室のスタンド看板です。

IMG_3960-1.jpg

『前髪カットすぐ出来ます!¥1050』というPOPが右上に付いています。

「前髪がジャマだからちょっと切りたいなぁ・・・」
と思っている人には、ピッタリですね^^

でも、せっかくPOPの左にスペース(黄色の丸部分)があるのですから、活用しないのはもったいないです。

『スタッフにお声をかけてください』
とか
『5分で出来ますので、お気軽にどうぞ^^』
などと書いておくと、
「5分で出来るのなら、寄っていこうかな♪」
と入店しやすくなります。

スタンド看板の右上に店内の写真が付けてありますが、左側にもカットをしているスタッフが笑顔で施術している写真を貼っておくとよいです。

「こういう人がやってるんだ、楽しそうな雰囲気だな・・・」
という印象を持ってもらえますので、お客さんは入店しやすくなります。

また、『オーガニックヘアカラー』とありますが、名前だけでは普通のヘアカラーと比べて何が良いのかがわかりません。

お店の人には当り前のことなのかもしれませんが、知らない人にとっては興味すら持ってもらうことが出来ません。

『オーガニックヘアカラー』だから、「何が良いのか」「どういう違いがあるのか」を書いておくと、注文率もあがります。



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 13:57 | TrackBack(0) | └ 美容室

看板効果、大!!


2013年10月29日
愛知の事務所より
from笑天



「いや〜、本当に設置して
よかったですよ〜。こんなことなら
もっと早く設置すればよかった〜^^」



以前、看板を新しくやり変えたら
新規客が、60人以上/月増えた!
という美容室がありました。



その美容室は、やり変える前は
「価格」だけをデカデカと大きく
書いた看板だったんです。



しかし、新しくした看板には、
価格以外に、そのお店の特徴を
大きく書いたんですね!



すると、来店客が増える増える(笑)



それ以来、いまだに新規客が
増え続けているそうです。



で、・・・その美容室なんですが、
お店での営業だけではなく、
じつは『訪問カットサービス』も
していたのです。



『訪問カット』というのは、美容室や
理容室に健康上の理由で行くことが
できない人のために、病院や施設、
個人宅などに出向き、カットをする
というサービスです。



ところが、お店にはこの美容室が
訪問カットをしていることを
お知らせする看板が今まで
ありませんでした(汗)



つまり、通常の美容室の営業と
訪問カットは、別々に考えて
いたんです。



で、今回、看板の反応がとても
良いので、お店の前に訪問カット
サービスの看板も、追加で
設置することにしたんです。



もちろんターゲットは、
お店の前を通行する車や人って
ことになります。



看板は一度設置すれば、常時
働いてくれるので、24時間
営業マンを置いているのと
同じです(笑)



そして、いざ設置です!

・・・するとどうでしょうか!



それまでほとんどのお客さんは、
この美容室が、訪問カットを
してくれることすら、知らな
かったのです。



確かに、とりたてて店舗で宣伝を
しているわけでもありませんから、
お客さんが知らないのも当然です。



そもそもお客さんは『美容室』と
『訪問カット業者』は、まったく
別のもの・・・

と勝手に思っているのです。



つまり、この美容室が訪問カットを
することを知らなかったということ
です。



さて、この看板を設置したところ
・・・


早速申し込みがあったそうです^^



聞けば、通りがかりに看板を見て
電話をしてきたとのこと
・・・看板の効果アリ、です!



中には、施設から職員の方がお店に
おばあちゃんを連れてきて、
「カットしてもらえますか?」
な〜んてこともあるそうです。



というのも、ふつうの美容室では
そういった方の施術をしている
ところは、なかなか無く、
断られるんだそうです。
(いろいろと難しいのでしょうね)



また、施設にいる高齢者の方たちは、
なかなか外出する機会があまり
ありません。



でもこのお店では、当然店舗でも
施術をしていますので、施設の職員
の方や高齢者の方も安心して
任せられる・・・というわけです。



なにより、外出をする良い機会に
なるので、とても喜ばれて
いるそうです。



その結果、この美容室は店舗での
施術だけではなく、訪問カットの
利用客が増えて、ますます売上げ
アップをしています^^



「お客さんが来ない・・・」


そのような個人商店が、今よりも
売上をのばす方法は、まずはこれが
最重要になります。



『できるだけ多くの人にお店の
存在を知ってもらいう』


一見、当り前のことのように
思われますが、お客さんが来ない
お店のほとんどが、これが
出来ていないのです。



お店を知ってもらわなければ、
入店はありえません。



じゃあ、そのために何をするかと
いうと、

【お客さんを集めることができる
看板を作ること】

なんです!



看板はあればイイというものでは
ありません。

お客さんを集められなければ、
それは、「ダメ」な看板です。


他の販促物・・・たとえばチラシも
一緒です。


お客さんに来てもらうには、
「どうやって作ればイイか」
を知らないと、経費だけがかかって
しまい、ムダな出費で終わって
しまいます。



まずは、あなたのお店の存在を
知ってもらう努力をする・・・

これがなによりも大切なことなんです^^



応援しています^^



販促物の使い方講座は、こちら

http://show-tenplus.com/4kiso.html



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

おしい看板例は、こちら 〜飲食店


IMG_4353-1.jpg

お店の前に置いて、通行人を呼び込むためのスタンド看板です。

今回は、中華料理店の看板でお話しますね^^

このお店には、2つの看板が置いてあります。

1つは、『本日のランチ』看板、もう1つは、『生ビールセット』のお知らせ看板です。

『本日のランチ』看板ですが、お客さんが知りたいことは、「内容と価格」です。

特にランチは会社員にとって毎日のことなので、「価格」はお店を選ぶ時ににとても気になる情報です。

残念ながら、この看板には価格が書いてありません(汗)

となると、かなりのお客さんを逃がしていることになるでしょう・・・

『生ビールセット』のお知らせ看板ですが、この看板でお店がお客さんに伝えたいことは、「生ビール一杯+料理一品で500円」ということですよね。

メニューが細かく一覧で書いてありますが、お客さんはそんな細かいところまでは見ませんし、逆に文字が小さくなった分、読みにくくなってしまっています。

この場合、「ワンコインセット 生ビール一杯+選べる料理一品 500円」と大きく書いた方が、通行人の目に止まりやすくなります^^

選べる料理の内容は、入店をして着席をしてから見てもらって決めてもらえばいいのです。

あと、お店の店名もこの看板に書く必要はありませんよね。

だってお店の目の前に置いてあるのですから、ここでは必要の無い情報ですからね。

その分、違う情報を書いた方が売上げアップにつながります!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:51 | TrackBack(0) | └ 飲食店

お客さんに教えると売上げがのびる


IMG_3493-1.jpg

『食べ方が分からないあなたに 超簡単 熱湯を注ぐだけでたちまち料亭の味に!?
もちろんみそ汁や吸い物に入れるだけ』

商品の特徴は、お客さんには分かりませんので、書いて教えてあげる必要があります。

書かなければ、お客さんは分からないままですので、購入はしません。

でも、POPに書くだけで、
「あら?カンタンなのね・・・だったら買ってみようかしら」
と購入をしてくれるようになるのです。

特にこの場合は、黄色の紙に赤文字で書いてあるので、売り場から離れたところからでもよく目立つので、イイですね^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 11:05 | TrackBack(0) | └ 小売店

「違和感」こそが目立つコツ


『半額』と看板いっぱいに大きく書かれています。

IMG_3279-1.jpg

おそらく店主が自分で書いたのでしょうね、だって、文字が上手じゃないから(笑)

でもね、上手じゃないからこそ、手作り感があって、「がんばってるなぁ〜」と好感が持てます^^

それに、あたたかみも感じるし、なにより通行人の目を引くのですよ!

街にはキレイな看板ばかりが、た〜くさんあります。

キレイな文字の看板ばかりがある中で、上手ではない看板があるからこそ、『違和感』を感じるから、目を引くんですね!

看板の一番の目的は、通行人に見てもらうこと(気づいてもらう)です。

この看板は、と〜っても目立っている優秀な営業マンになっています^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:44 | TrackBack(0) | └ 小売店

こ、これは・・・!!


こ、これは・・・!!

IMG_0167-1.jpg

「ランチやってます」

と、看板の下の空部分を利用して、ランチの宣伝をしています。

たしかに「ランチやってます」と書いてあります・・・消えかかった赤色の文字で(汗)

さすがに、これはちょっと・・・ですね(汗)

写真も貼ってあるのですが、色焼けしてしまっていて決して美味しそうには見えません・・・

こうなると、写真やPOPがかえって逆効果になってしまい、貼らない方がいい、ってコトもあります(汗)

お店側が考えなければいけないことがあります。

このお店の場合・・・来店するお客さんは、何を求めて来店するのでしょうか?

一番は「ランチを食べたい」からです。

でも決してお腹が満たされればなんでもイイってわけではありませんよね。

「どうせなら美味しい料理を食べたい」
「楽しく食事がしたい」
と、思っているはずです。

この看板では決して美味しそうには見えませんし、そもそも値段が全く分からないので、その時点でランチをするお店候補から外されてしまうことでしょう。

看板やPOPは、一度作ると毎日の忙しさにかまけて、「ずっとこのままでイイ」と勝手に店主は考えがちです。

ですから古くなっても「ま、イイか」とそのままにしちゃうんですね(汗)

でも看板やPOPは、つねにキレイな状態にしておくことは鉄則です^^

たったそれだけのことですが、案外できていないお店って数多くあるものです。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:00 | TrackBack(0) | └ 飲食店

つい見てしまう看板とは


お店の前に置く看板は、それを見たお客さんをスグにそのまま入店させることができる唯一の販促物なんです^^

IMG_5195-1.jpg

この場合、残念なところは、せっかくラミネート加工をしてPOPを貼っているのに、テープがはがれてPOP自体が見えなくなっています。

でも、商品名と価格だけを書いていても、お客さんはあまり興味を持ってはくれません。

なぜならそれはメニュー表でしかないからなんですね。

さらにそのはがれたPOPが看板自体の文字もかくしてしまっています(汗)

スグに直す方がイイですね^^

次に書く内容です。

『焼きうどん』『たこ焼き』はどこでも売っていますので、お客さんはここで購入しなければいけない理由はありません。

「買おうかな♪」と思ってもらうには、どんな『焼きうどん』なのか、どんな『たこ焼き』なのか、を書くと注文率があがります。

たとえば、
「鰹節ではなく、『サバ節』を使用!ソースをよ〜く吸いこんでいて、さらにコシのある麺にこれでもかってくらい絡んでいて、コクを最大限に引き出しています。
ぜひ一度ご賞味ください! とっておきの焼うどん ¥650」
てな感じに^^

いくつも商品名を書くのではなく、『売りたいもの』を1〜2コに絞った方が、その商品の良さをもっと伝えることができます。


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:43 | TrackBack(0) | └ 小売店

手作り看板で売上アップ!


居酒屋の手作り看板です^^

IMG_5123-1.jpg

「看板って作ると高いんでしょ〜」
とよく聞かれます。

たしかに安くはないです、でもそれは看板業者に頼めばという条件付きのことです。

いいでしょうか?ここが重要です。

看板業者に頼めば、もちろん安くても数万円はするでしょう。
そして、内容を作り変えるたびに数万円が必要になります。
(もちろん看板本体代は1回目だけ必要です)

でも、看板本体だけ手に入れて自分で作りかえれば、メッチャクチャおどろくほど安く作ることができるんです。

この看板の良いところは、料理の名前を書くだけでなく、写真も一緒に貼ってあることです^^

文字だけよりも、見た目で美味しそうに感じます。

作り方はカンタンです^^
@看板に書く料理を決める
Aデジカメで料理の写真を撮る
Bプリンターで印刷する
C印刷した紙をラミネーター加工する
D看板に貼り付ける

たったこれだけなので、言ってしまえば手間だけです。

あなたのお店でもぜひチャレンジしてみてください!


手作り看板の作り方がわからない・・・という方は、こちら ↓↓↓↓

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:03 | TrackBack(0) | └ 飲食店

「あのな、商売の秘訣教えたるわ!」


2013年10月22日
愛知の事務所より
from笑天



「あのな、商売の秘訣教えたるわ!」



これ、先日、大阪に行った時に入った
お好み焼き屋さんでの大将との会話です。



せっかく大阪に来たんだから、
お好み焼きを食べて帰ろうと
思ったんです^^



でも私は美味しいお店を
知りません・・・



そこで、待ち合わせをしているっぽい
地元の人に、

「この近くに、美味しいお好み焼き
のお店ってありませんか?」

と聞いてみました。



すると、

「あ、それなら・・・」

と親切に教えてくれたお店が、
このお店だったんです^^



ちょっと言葉使いは乱暴そうだけど、
気のいいおっちゃんでした(笑)



「大阪はどこの家のおかあちゃんも、
家でお好み焼きを作るんや。
だから、その家庭の味よりも
美味しくなかったら、
お客さんは来ぃへんのや。」



たしかに・・・


よく大阪では、一家に1つは必ず
たこ焼器があるって聞きます。



実際に家庭で、よくたこ焼きや
お好み焼きを食べているので
しょうから、味にはうるさい
ハズですよね^^



お店の方が美味しくなかったら、
わざわざ時間とお金を使って
来店するはずはありませんよね。



「でな、プロと家庭の違いはな・・・」


ここから、大将のお好み焼き屋商売論が
スタートです(笑)



「10コ作ったら、10コとも
形良く作れなくてもいいんや。」


見た目には、必要以上にこだわる
ことはないってことみたいです。



「たとえばな、美味しく作る時の
ポイントが全部で10コあるとしたら、
10コともクリアできなくてもいいんや。」


話は続きます。


「そのうちの3コをクリアして
いれば良いんや。」



ちょっと意外ですよね。
3コでいいなんて。



「せやけどな、こっからが
肝心なんや。その3コどれでも
いいってわけではない。」



「その中にも優先順位がある。
それを知っているのがプロで、
つぶれずにやっていけるお店。」


だそうです。


「いいか、お客さんに話している
ふりして、お前に言ってるんやぞ!」


と、隣で作業をしている若い衆に
向かって言ってました(笑)



このお店、かなり有名店だそうで、
ひっきりなしにお客さんがやって
きます。



販促活動も同じです。

販促手段はたくさんあります。


でも、むやみにやっても残念ながら
よい結果はでません(汗)


ポイントをおさえているかどうかが
大事なんです。


じゃあ、そのポイントをおさえた
方法っていうのは、どうすれば
得ることができるのか・・・


知らないことは、教えてもらうのが
一番早くて、ムダがないんです。


応援しています^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 10:00 | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

わかりやすさが一番効果的です!


ここは観光地なので、修学旅行生や学校の遠足でくる学生向けのサービスってことですね^^

写真を付けるともっと「美味しそう〜♪」と感じるので良いですね!

sohuto.jpg

「学生割引」と書いてありますが、いくら割引になっているのかを書いておくと、もっと売れるようになります。

「通常410円➪ 学生割引で、なんと310円!!」
とパッと見てスグにわかるようにすると、売上倍増です!!



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:35 | TrackBack(0) | └ 小売店

さらに予約の数を増やすには


このPOPの目的は、おせち料理の予約ですね。

oseti.jpg

昨年の申し込み人数を書くことによって、
「ウチも今年は買ってみようかしら」
という気になりやすくなります。

予約の早割特典があるのなら、なおさらですよね。

では、これをさらに良くする方法をお話します^^

お店としては、予約をしようと思った人に、どういう行動をとってもらいたいのでしょうか?

店内で受付をしてほしいのなら、
「ご予約は、店内の予約担当:タナカまで、お気軽にお声かけくださいね^^」

電話で受付をしてほしいのなら、
「ご予約は、お電話でどうぞ。○○○−○○○○(おせち担当:タナカまで)」

など、予約をするにはどうすればいいかを丁寧に書いておくと、お客さんはさらに予約をしやすくなりますよ。

担当のタナカさんのニッコリ笑った笑顔の写真を載せておくと、さらにイイですね!

看板やPOPで今よりも売上を増やしたい人はこちらへどうぞ ↓↓↓


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 20:48 | TrackBack(0) | └ 飲食店

わからない言葉は使わない


これは歩道に置いてある看板です。

131001.jpg

目的は、通行人に見てもらって来店をしてもらうことでしょう。

だとすると、一体どういったお店なのかを、もっと詳しく書くといいですね^^

この看板だと、「カフェがある」ということしかわかりません…。

カフェは、街にはたくさんありますので、「このお店に行こう!」という気にならなければわざわざ来店をすることはないでしょう。

「体にやさしい御飯」とは、もっと具体的にいうとどんなものなんでしょう?
自然素材にこだわっているのか、消化のよいものなのか・・・

食事のほかに、「雑貨」「フェアトレード」と書いてあります。

しかし一般の人は、「フェアトレード」って何のことだかわかりません。

このように、分からない言葉は使わない方がいいですね。

なぜなら、それだけで「私には関係ないお店」って、勝手に決めつけられてしまうからです(汗)

あと、この看板を見て電話をかける人はまずいないでしょう。だって、お店はスグ近くなんですからね。

ですから電話番号は必要ありませんので、その分、他の情報を書くことが出来ます^^

何を書けばいいのかわからない・・・そんな場合は↓↓↓↓↓

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 12:46 | TrackBack(0) | └ 飲食店

あんたの腕前を拝みに来てる訳じゃない!

2013年10月15日
愛知の事務所より
from笑天



「お客さんはね、あんたの腕前を
拝みに来てる訳じゃないんだよ。
ちょいと美味しいものをいい気分で
食べたいんだよ。」



こんにちは、笑天です^^



このセリフ、実は現在放送中の
NHKの朝の連ドラ『ごちそうさん』の
中で出てきた会話です。



このセリフの内容こそ、まさに
真理です!



どんなに美味しい料理を
提供していたとしても、
お客さんが、

「美味しかった〜」

「食べてよかった〜^^」

と思わなければ、再来店は
ありません。



でも飲食店の店主の中には、

「ウチの料理は美味いんだから、
一度食べてもらえばわかって
もらえる」

「ウチの味をわかる人にだけ
来てもらえればいい」

と考えている人がいます(汗)



残念ながら、このようなお店の
多くは、なかなかお客さんが
来店しなくて困っています・・・



なぜなら・・・


お客さんは、お店に味だけを
求めて来店しているわけでは
ないからなんです。



もちろん味も大事です^^



でもそれよりも、楽しく食事を
する時間を過ごしたいと
思っているのです。



ましてや、

「さぁ、どうだ!美味いから
食べてみろ」

的なお店には、お客さんは
通おうとは思いません。



私がライフワークでしている
落語も一緒^^



「さぁ、オレの落語は面白いから
笑わせてやるぞ」

的な空気を出している人は、
ある一定のレベル以上の腕には
どうやってもなれないものなんです。



お客さんに、来てよかった〜と、
思ってもらうにはどうすれば
いいのか、

つまり、いかに楽しんでもらうかを
考えることが、大切なんですね。



それは、味や価格だけではなく、
接客やサービスお店の雰囲気、
店主の人柄…それら全てで
決まるものです。



お客さんは敏感に感じるもの
です。



あなたのお店は、お店の考えを
押し付けている、なんてことは
ありませんか?



応援しています^^


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 09:57 | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

人は見た目で判断します


人は、何に対しても「見た目の第一印象」で判断をしがちです。

お店の場合、最初に目にするのは店前のスタンド看板です。

どんなに美味しい料理を提供していたとしても、実際に食べるまではその美味しさはわかりませんよね。

ですから看板は常にキレイにしておくべきです。

IMG_4971-1.jpg

特に、毎日書き替える場合は、徐々に汚くなっていきますので注意が必要です。

中途半端に拭いたあとに書いても、美味しそうには見えませんよね(汗)

たったこれだけのことですが、本当は入店したかもしれないお客さんを毎日逃がしているかもしれません・・・

あなたのお店の前の看板はキレイになっていますか?




3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 17:14 | TrackBack(0) | └ 飲食店

お客さんに伝わる書き方とは

2013年10月8日
愛知の事務所より
from笑天



「あ、あそこ空いてるよ!
あそこにしよう!」



車の中で、おそらくこんな
会話をしていると思われる
車をよく見かけます。



場所はどこかというと、
ナゴヤドームの周辺です^^



ナゴヤドームは、16年くらい前に
完成しました。



実は私が以前勤めていた看板屋の
近所にあり(徒歩5分くらい)、
これができたことによって、周囲の
環境が大きく変わったんですね。



ナゴヤドームで野球やイベントが
開催される日になると、周辺は
車で来場しようとする人で
い〜っぱいになります。



それと同時に、近辺の民家や会社が
民間の『臨時駐車場』をやり始める
のです。



せっかく、場所があるんだから
儲けよう!ってなトコです(笑)



でもここでも、スグに満車になる
駐車場と、なかなか満車にならない
駐車場があるんですね。



その違いは、じつは書き方の
ちょっとした違いなんです。



なかなか満車にならない駐車場は、
プラカードに、

「1日 1500円」

と値段を大きく書いて、駐車場入口に
貼っています。


でも、残念ながら多くの車は
通り過ぎていきます。



一方、スグに満車になる
駐車場はというと、

「空 あとわずか 
今なら停められます 1500円」

と書いた紙を持って道路沿いに立ち、
駐車場へ誘導しています。



値段はわかる程度の大きさです。



この場合の、
お客さんが一番知りたい情報は、
駐車場が空いているかどうか、です。



前者の「1日 1500円」と
書いた駐車場は、中に入らないと
空いているかどうかがわかりません。



ですから、

「ここはわかんないから、
やめておこうか・・・」

と別の駐車場を選ぶお客さんも
いることでしょう。



つまり、お客さんを少なからず
取り逃がしているのです。



では、なぜここには入らない
のでしょうか?



なぜなら、

「入って満車だったら
イヤだな」

って不安だからなんです。



その点、後者は、
ひと目で空があることが分かるように
紙に書いているので、お客さんは
一瞬で理解できます^^



しかも、実際に人が道路に立って
誘導しているので、どんな人が
やっているのかもわかります。



たったこれだけのことで、
お客さんは安心をするんですね。



これって別に、1日中立っていなきゃ
いけないことではなく、イベントが
始まるまでのたった数時間のことです。



満車になったら、終わりなのですから
その時間だけ立っていればいいこと
なんですね。





お店の看板は、お客さんが、
見た時に、考えなくてもわかる
内容にすると利用率・注文率が
増えます。



『牛すじの5日間かけたカレー』


これを見たお客さんは、

「5日間使って作ったカレーなんだな」

ということはわかります。



でも、5日間使って作ったからといって、
何が違うのかがわかりません。



ひょっとしたら、店主は、

「イヤイヤ、カレーは手間をかけて
5日間煮込んだ方が美味しいに決まってるよ」

と言うかもしれません。



でも、

『牛すじの5日間かけたカレー』

という文章だけで、そこまで理解しろと
いうのは、店主の勝手な考えです(汗)



誰にでも分かるように書くべきです。



この場合、ちょっと言葉を変えて・・・

『牛すじの5日間じ〜っくり煮込んだ
とろとろカレー』

とするとどうでしょうか。



言葉をちょっと変えただけなのに、
よりわかりやすくなって、さらに美味しさも
伝わるようになりますよね^^



このように看板やPOPの言葉の使い方
ひとつで、注文率が上がって売上も
増やすことができるんです!



あなたのお店の看板やPOPは、
分かりやすくなっていますか?



看板やPOPはお店の人の
ためにあるのではないんです。



お客さんに、あなたのお店を、
より知ってもらうために
あるんです^^



応援しています^^

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 18:27 | TrackBack(0) | ▼ 笑売繁盛術

言葉の使い方で売上をアップ!


看板やPOPって、言葉の使い方ひとつで、

「うわ〜、美味しそ〜!」

と、お客さんに、より感じてもらえることができます。

IMG_4736-2.jpg

『牛すじの5日間かけたカレー』

これを見たお客さんは、
「5日間使って作ったカレーなんだな」
ということはわかります。

でも、『5日間かけた』ことによってどうなるのかが、分かりにくいですよね。

「イヤイヤ、カレーは何日も火にかけると美味しくなるっていうのは当り前のことだよ」と店主は言うかもしれません。

たしかに、カレーは何日もかけて煮込むと美味しくなるということを知っている人もいるかもしれません。

でも、知らない人も当然いるのですから、誰にでも分かるように書くべきですよね。

たとえば、
『牛すじの5日間じ〜っくり煮込んだとろとろカレー』
とするとどうでしょうか。

ね!言葉をちょっと変えただけなのに、よりわかりやすくなって、さらに美味しさも伝わるようになりますよね^^

このように看板やPOPの言葉の使い方ひとつで、注文率が上がって売上も増やすことができるんです!


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店

わからなければ、ただの置物に・・・


ランチの呼び込み看板です。

お店が2Fにありますので、階段前にこんな看板が置いてランチのアピールをしています。

IMG_3693-1.jpg

<よい所>
・看板自体はよく見える場所に置いてある
・文字が見やすい

<残念なところ>
・お客さんに何を伝えたいのかが、よくわからない


残念ながらこの看板は、あまりお客さんを呼び込めないでしょう(汗)

なぜなら、
『なにを言いたいかがよくわからない』
からです。

ひょっとして、定食類・麺類・全メニューに、
・日替わりおかず
・サラダバー
・黒ウーロン茶
・コーヒー
が、お代わり自由で付いているってことでしょうか?

まさか?!
だとしたら、かなり驚きのサービスですよね(笑)


ってコトは、『本日の日替り』っていうのが、『日替わりおかず』のこと?

それが、「ソース焼きそば」なんですかね。

お店の人は自分がやっているので分かっているのでしょうけど、お客さんが考えないといけないような看板は、基本的に読んではもらえません。

第一、値段も書いていないからいくらなのかもわからないですよね。

わざわざ2Fまであがって入店してもらうことは、かなり難しいでしょうね^^



3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:10 | TrackBack(0) | └ 飲食店

価格だけではどんなお店か分からない 〜整体院


ここ数年、やたらと街中に多くなってきたのが
整体のお店です。

繁華街にあるほとんどのお店が
ビルのテナントとして入っています。

ですので、お客さんにお店のアピールをする方法としては、
店の前に置いてある看板(A型看板やイーゼル看板)・のぼり旗に
なります。

しかし、それらの看板を見てみると、
とにかく多いのが

『施術料金』

だけがいっぱいに書いてあるものです。

130208.jpg

「価格で勝負するつもりはないんだけど、何を書けばイイのか
分からないから、とりあえず値段を書いおけばいいんじゃない?」
みたいな感じで(汗)

もっと残念なお店になると、デカデカと書いてあるのが
『お店の名前』だけってお店も少なくないです…

なぜこのような内容になるかというと、
「何を書けばお客さんに興味を持ってもらえるか」
ということが分からないのです。


では、お客さんが整体院にくる理由は何でしょうか。

値段が安いから?

たしかに誰だって、安いのはうれしいです。

でも、けっして『安い』だけが整体院に来る
理由ではないのです。

ましてや、『店名』なんてどーでもいいのです。

お客さんが整体院に来る一番の理由は、
体が楽になりたい、痛みをなくしたいから
なのです。


あなたの整体院で施術を受けると、

・どのように体が楽になるのか
・どうして痛みがやわらぐのか

など、お店を利用した時のお客さんにとっての
利点が知りたいのです。

あなたのお店を利用した場合、お客さんは
どんなメリットを得ることが出来ますか?

それを書くだけで、来店客数は増えますよ^^

「お客さんを集める看板にしたい!」

という方は、こちらをご覧下さい↓↓↓


3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 整体院・治療院

お店の特徴は伝えるべき


居酒屋さんです。

11.04.26.jpg

外からは、店内の様子は見ることができない店作りに
なっています。

ですから、個室があるかどうかも書いてなければ
全くわかりません。

たまたまここに入ったのですが、休日ということもあって
個室は全て、予約で満席でした。

こうやって書いておけば、
少人数で個室を使用したい
と思っている人は利用します^^

お店の情報は、発信しないとお客さんには
伝わりません。

どんどん発信しましょう!

3ステップtop1.gif

3ステップ1-1.gif

3ステップ2-1.gif
3ステップ3-1.gif


3ステップgazou1.gif

syukyakukanabn2.gif
posted by 笑天 at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | └ 飲食店

初めて学ぶ商店主に最適な教材はコレ⇒4ヶ月間ステップアップ繁盛プログラム